ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TOWER RECORDSのポスターに山田洋次監督&坂本龍一が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 TOWER RECORDSの「NO MUSIC, NO LIFE.」キャンペーンの意見広告シリーズに山田洋次監督と坂本龍一が登場することが決定した。

 本キャンペーンは、音楽を応援するために1996年にスタート。2008年からは、音楽(MUSIC)と世の中(LIFE)との接点を語る意見広告として様々なアーティストが参加している。坂本龍一は、12月12日に公開される山田洋次監督最新作『母と暮せば』の音楽を担当しており、今回のコラボ実現に至った。本キャンペーンは、11月17日より全国のタワーレコード全86店にて、約2か月にわたって展開される予定だ。

◎山田洋次監督メッセージ
「歌を忘れたカナリアは…」という童謡が昔あったけど、今の日本人は歌うことがない。更に云えば歌うことを奪われていると思う。 ぼくたちは自分の歌をうたうことをとり戻さなくてはならない。 

◎坂本龍一メッセージ
約1万年前まで、人類は長い定常状態のなかで暮らすことが多かった。その遺伝子は今でもぼくたちのなかに受け継がれている。しかし現代、特に20世紀以降、社会環境、自然環境、おまけに気候まで常に変動するなかにぼくたちは置かれている。
体や心にいろいろな不具合が生じるのも当然だ。
音楽は必ずぼくたちの思考や心から生じるので、そのような激変に常にさらされていることは音楽に大きな影響を与えるだろう。そのなかにあって常に変わらぬものを求めることも、また音楽なのである。

関連記事リンク(外部サイト)

坂本龍一が、ディカプリオ主演映画の音楽を担当&日本公開は2016年4月
坂本龍一×山田洋次『母と暮せば』、レコーディング風景解禁
ブラジル最高勲章の渡辺貞夫 坂本龍一らとの活動で知られるジャキス・モレレンバウム参加の最新AL発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP