ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本で一番美味しいと断言できる感動の濃厚味噌ラーメン / 角栄(KAKU-A)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

濃厚味噌ラーメン
800円

グルメを知れば知るほど、安易に「一番美味しい」「最高の味」「絶対にここが一番」という言葉は使えなくなるもの。確かに目の前の料理は素晴らしく美味しいかもしれないが、すべての飲食店で料理を食べてきたわけでもなく、いい加減に「一番」という言葉は安易に使えないのである。

・他店と味噌ラーメンのレベルが違う
だがしかし、東京代々木のラーメン屋『角栄』(KAKU-A)の濃厚味噌ラーメンだけは違った。多くのグルメ業界人が「日本で一番美味しい味噌ラーメンだ」と断言してしまうほど、他店と味噌ラーメンのレベルが違うのである。

・別次元の魅力が詰まった味噌ラーメン
いや、レベルが違うというより「次元が違う」といったほうが適切かもしれない。いくらどんなに研究と努力を重ねたとしても、『角栄』の味を他店が実現できるとは思えない。それほど、別次元の魅力が詰まった味噌ラーメンなのである。

・どこの店で味噌ラーメンを食べても味は一辺倒
味噌ラーメンは、ラーメンのなかでも味を誤魔化やすい料理だ。味噌と旨味調味料だけでも、そこそこ普通の味噌ラーメンが完成してしまうからである。それをやや濃い目にアレンジしただけで、濃厚な味噌ラーメンとして提供している店がたくさんある。だから素人でも普通に味噌ラーメンが作れてしまう。それゆえ、どこの店で味噌ラーメンを食べても味は一辺倒。

・甘さと味噌の発酵した旨味を思う存分堪能
だが、『角栄』の味噌ラーメンに妥協はない。特に食べて欲しいのが、濃厚味噌ラーメン(800円)だ。雑味はいっさいなし。スープを飲んだ瞬間、味噌のマイルドな部分だけが優しく広がり、鋭い塩分や、後味として残るイガイガ感は皆無。甘さと味噌の発酵した旨味を思う存分堪能できるのである。

・すべてが完璧に近いデキ
味噌の柔らかい甘味のあるスープのあとに、シナチクのキュキュッとした食感、そしてそこから溢れる香ばしさ。スープが喉から流れ落ちる瞬間に生まれるコクと、太めの麺から放たれる小麦の旨味。アクセントとしてチャーシューが強めの「濃い肉汁」を楽しませてくれる。すべてが完璧に近いデキだ。

・唯一無二の「ここでしか食べられない味」
味噌の長所をとことん増幅させ、味噌の短所を限りなく削り落とし、そこに徹底的に考え抜かれた「最適な麺と具」を盛り付けた濃厚味噌ラーメン。限りなく優しく、限りなく深い、唯一無二の「ここでしか食べられない味」が『角栄』にはある。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/11/17/kaku-a/

角栄(KAKU-A)
住所: 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-29-7
時間: 11:00~23:00
休日: 無休
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130403/13172323/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。