ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホライトユーザー スマホ中毒者の利用料を負担する構図

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スマホでインターネットを利用する人は日本に約5000万人とされるが、中にはこんな使い方をしている人も少なからず存在する。都内在住の60代男性・Aさんはこう語る。

「カメラの性能がいいと娘に薦められて、スマホに変えました。写真や動画はたしかにキレイに撮れますね。CDから音楽を取り込む方法も教えてもらいました。ただ、メールはゴルフ仲間とのスケジュール確認や娘との連絡に使うくらい。インターネットはプロ野球やゴルフの結果をチェックする程度ですね」

 こうした利用者は「ライトユーザー(あまり使わない人)」と呼ばれ、シニア層を中心に少なくないとされるが、実は、日本のケータイ料金はAさんのような人から搾取する仕組みになっているのだ。

 乱暴にいうと、それで得をするのは、ネットで音楽や動画をダウンロード、電車の中ではスマホの画面を食い入るように見ながら携帯ゲームに興じる人だ。つまり、Aさんのような人が「スマホ中毒者」の利用料まで負担している──そう言っても過言ではない構図がある。

 ネットを通じたサービスを利用する場合、通信の種類などによってやり取りされる「データ量」が異なる。ITジャーナリスト・三上洋氏が解説する。

「通信のデータ量は『バイト』と呼ばれる単位で数えられます。たとえばスマホで送受信するメールはデータ量が小さいが、ネットで高画質の画像を見たり、動画を再生したりすると非常に大きなデータ量の通信になります」

 大手携帯会社の利用者向け資料ではメール1通の送受信が約500キロバイト、ニュースサイト1ページの閲覧で約300キロバイトとある。

 冒頭のAさんの場合、メールは平均して「1日5通くらい」、ネットでサイトを見るのは「1日あたり5回ほど」というから、単純計算だと1か月で約120メガバイト(1メガ=約1000キロバイト)になる。

 この数字だけでは、多いのか少ないのかよくわからないのでわかりやすくいうと、これはスマホを始終いじっている人であれば、1日もかからずに使い切ってしまうデータ量だ。ネットで動画を見たら約30分で120メガバイトになる。

 問題はここからだ。本来、使ったデータ量が多い人ほど高い料金を支払うのが当然だ。しかし、スマホ中毒の人物もAさんも「同じ料金」を払わされているのだ。

 大手携帯会社はスマホの契約者に対して、「●●バイトの通信量までは一律××円」という定額プランを用意している。それ以外の「使った分だけ払う」というやり方は原則、できない。「定額で使い放題」という謳い文句で宣伝されると得したような気分になるが、ここにカラクリがある。

 大手携帯3社のスマホ料金は横並びで、基本的には最も安いものでも、「2ギガ(=2000メガ)まで使い放題」というプランしか用意していない(月額6500円、基本料等含む)。

 2ギガという枠はAさんがメールとネット閲覧で使っているデータ量の「16か月分」にもなる。

「スマホの場合、本人が使ったつもりがなくても、ニュース通知やアプリの更新などが自動で行なわれたりするため、実際にはほとんど機能を使わなくても月に0.5ギガほどの通信量にはなることは充分あるが、その程度のライトユーザー向けの料金プランがない」(情報総合通信研究所の岸田重行・ICT基盤研究部第二グループ上席主任研究員)

 要はAさんのような人は膨大な量の利用枠を押し付けられ、ほとんど使ってもいない分のカネを払わされているということになる。

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スマホによるネット利用急増で「パケ詰まり」多発しイライラ
スマホでの無料動画閲覧 注意すべきポイントを専門家が解説
スマホ節約術 Wi-Fiルーターで家のネット回線と一本化

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP