体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

勝井祐二×U-zhaan×ハトリミホ(CIBO MATTO) 440ランチライヴ録音アルバムをリリース

勝井祐二×U-zhaan×ハトリミホ(CIBO MATTO) 440ランチライヴ録音アルバムをリリース

ROVO等での活躍でおなじみのヴァイオリニスト勝井祐二がライヴ会場限定作品をリリースすることが発表された。

今回リリースされる作品は、下北沢440で日曜日のお昼にランチと共にライヴを楽しめる「ランチライブ」から生まれたもの。

2010年から現在まで40回以上おこなわれてきたこのイベントは勝井祐二がタブラ奏者のユザーンを相棒に、毎回ゲスト・ミュージシャンを招いておこなわれている。その中でも、CIBO MATTOのボーカリスト・ハトリミホとのトリオでのライヴは2012年から毎年共演を重ねて行く中で、このメンバーにしか出せない特別な世界観を作り出していることを感じているとのことで、ランチライヴの録音から編集したアルバム『Petrichor After the Rain LIVE at Shimokitazawa 440』として作品化が決定した。アルバムは11月23日から始まる〈勝井祐二×U-zhaan 男のデュオツアー 2015〉で発売される。勝井とユザーンは今作について以下のようにコメントを寄せている。

----------------------------------------
この3人の共演は、2012年から続いています。
バンド名やユニット名はまだ有りませんが、この3人での音の世界を続けて行こうという意思は、はっきり有ります。
勝井祐二は、2010年頃から下北沢440で日曜日のお昼に「440ランチライブ」という企画ライブを続けて来ました。
相棒のユザーン+ゲストという形で、基本的には即興演奏で下北沢440のランチタイムを楽しんで欲しいと現在も続けています。
現在までに40回以上行われて来たランチライブの中でも、NYC在住 CIBO MATTO のヴォーカリスト、ハトリミホとのライブはいつも特別なものだったのです。
彼女の存在感、歌、言葉、特に今回収録した 2013年、2014年のライブは「あ、何かが降りて来たな」と出演者全員が思ったくらい、得難いライブ体験でした。

それらを編集してマスタリングして、ジャケットのデザインはハトリミホが手がけました。
このアルバムはライブ会場だけの限定発売になります。

※タイトルには「After the Rain」とありますが、2015年の今まで、40回以上やってきたランチライブで雨が降った事は1回しか有りません。40勝1敗、ボクサーなら既に世界チャンピョンですね!
※ちなみにユザーンがインドに修行に行っているシーズンは別企画のランチライブが有ります。

勝井祐二(ROVO)

さっきまで昼下がりの下北沢にいたはずなのに、突然ニューヨークのアバンギャルドなライブハウスに迷い込んだような錯覚に襲われるのは、ハトリミホさんと共演するときだけです。

ユザーン

-----------------------------------------------

・ROVOオフィシャルサイト
http://www.rovo.jp/

Yuji Katsui × U-zhaan × Miho Hatori
『Petrichor After the Rain LIVE at Shimokitazawa 440』
2015年11月23日発売
製品番号(YUM 001)
定価2000円(税込み)
〈収録曲〉
1.Kyala 伽羅
2.Rakoku 羅国
3.Manaka 真那伽
4.Manaban 真南蛮
5.Sasora 佐曾羅
6.Sumontara寸聞多羅

●演奏者
Yuji Katsui : Electric Violin, Violin & Effect
U-zhaan : Tabla, Kanjira, Altohorn
Miho Hatori : Vocal, Effect

●Credits
Produced and Composed : Yuji Katsui × U-zhaan × Miho Hatori
Recording : Michiru Tawa at Shimokitazawa 440
12th Jan 2014 (Track1,Track2,Track3,Track4) and 6th Jan 2013(Track5,Track6)
Mastering : Tatsuki Masuko at Float
Art Direction + Graphic Design:Miho Hatori
Graphic Design Superviser : Tadao Kawamura

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。