ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

温泉につかるだけじゃない!楽しめる関東の温泉スポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

関東のユニークな温泉を6つ紹介しています。関東在住の方で、手軽にいつもとは違う温泉にはいったり変わった体験をしてみたいと思っている方は参考にしてみてください。

東京は手軽な銭湯も紹介していますのですぐにお試し可能です。飲む温泉からアートと融合した温泉まで、様々な温泉を紹介しています。

1. 伊香保飲泉所(群馬県渋川市)

目指せ!温泉の味を判別可能な飲泉マスター。

鉄分を多く含んでいる温泉。

伊香保神社から伊香保露天風呂に向かう途中にあり、都道府県知事の許可が下りていれば飲泉もOK。一説には 「まずいほど名湯」 とも言われるんだとか。「◎◎温泉はこんな味!」 と言えたらカッコイイかもしれません。 伊香保飲泉所
TEL/0279-72-3151(渋川伊香保温泉観光協会)
料金/無料
「伊香保飲泉所」の詳細はこちら

2.おふろcafe utatane(埼玉県さいたま市)

秋の夜長の温泉読書。


自分の本なら持ち込み入浴可能なこちらの温泉。食事・スイーツも充実でまさにカフェ感覚で温泉タイムを楽しめる。

読書好きにはとても贅沢な温泉です。本に熱中しすぎてのぼせてしまわないように注意しましょう。カフェにいるような感覚でくつろいで利用することができる。 おふろcafe utatane
TEL/048-856-9899
料金/フリータイム入館大人1260円~
「おふろcafe utatane」の詳細はこちら

3. 日立滑川温泉スタンド(茨城県日立市)

温泉ガバッと持ち帰り!

ポリタンク持参で行きましょう

なんと誰でも無料!で温泉が手に入る温泉スタンド。ホームセンターなどでポリタンクを購入していきましょう。持ち帰ったお湯で自宅温泉を楽しみましょう。 日立滑川温泉スタンド
TEL/0294-22-3111(日立市財政部管財課)
料金/無料
「日立滑川温泉スタンド」の詳細はこちら

4. 女塚温泉 改正湯(東京都大田区)

温泉と水族館の融合?この発想力には脱帽です。


黒湯の温泉に入れる浴槽もある

まず、およそ銭湯があるとは思えないマンションの中というロケーションが面白く、浴場へ続くドアをあけるとまたびっくりします。富士山の銭湯絵の下には長さ4mほどの水槽があり、鯉や金魚がゆ~らゆら。こんな銭湯、見たことないです! 女塚温泉 改正湯
TEL/03-3731-7078
住所/大田区西蒲田5-10-5
営業時間/15時~翌0時30分
定休日/金
料金/12歳以上460円、小学生180円、未就学児80円
アクセス/JR蒲田駅より徒歩8分
「女塚温泉 改正湯」の詳細はこちら

5. 戸越銀座温泉(東京都練馬区)

アートな取り組みで生き残りを図るモダン銭湯。


露天風呂や水風呂、 サウナ、 寝湯、 超音波バスなども備えている。

男湯と女湯は男女日替わり制。ある日訪れると壁面には昔ながらの富士山が。なのに別の日訪れると、岡本太郎ばりの現代アート版富士山が!な、なにこれ?男湯と女湯にまたがる壁面は、半分が古典で半分がモダン富士なんです。 戸越銀座温泉
TEL/03-3782-7400
住所/品川区戸越2-1-6
営業時間/15時~翌1時(日祝は8時~12時もオープン)
定休日/金
料金/大人460円、中学生300円、小学生180円、未就学児80円
アクセス/都営浅草線戸越駅より徒歩3分
「戸越銀座温泉」の詳細はこちら

6.桜台温泉久松 天然温泉 久松湯 (東京都練馬区)

最先端アート観賞もできる温泉!これぞ東京のネオ銭湯!

リラックス感を損なわぬ控えめな演出が好印象

2014年5月のリニューアルにともない取り入れたのは壁面を使ったプロジェクションマッピング。手がけたのは世界的に活躍するアーティスト集団のアトリエモヤ。レベルが高くてちょっとびっくりします。これで入浴代だけは安いかもしれません。 桜台温泉久松 天然温泉 久松湯
TEL/03-3991-5092
料金/大人460円、小学生180円、未就学児80円
アクセス/西武池袋線桜台駅より徒歩5分
「桜台温泉久松 天然温泉 久松湯」の詳細はこちら

まとめ

以上6つのユニークな温泉スポットを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?最後に温泉の達人にインタビューした内容を紹介しておきます。 温泉の達人に聞きました!
庶民文化研究家 町田忍さん
1950年東京生。警視庁警察官を経て、庶民文化を研究。特に銭湯に関しては第一人者。自ら銭湯のペンキ絵も描く。現在(社)日本銭湯文化協会理事。銭湯著書多数。

文化と伝統にモダンさを。日々進化する温泉銭湯。

現在、都内には天然温泉の銭湯が約30カ所あります。入浴料金は都内共通の460円、遠くの温泉に行かずとも身近な銭湯で天然温泉が体験できます。都内の温泉は主にコーラ色でぬめりがあり、肌に優しい美人の湯とも呼ばれていてそんな銭湯も最近全面リニューアルする施設が増え、モダンで和風の伝統を引き継いでいる銭湯も多く、連日若い客層も見られるのが特徴です。天然温泉にどっぷりと浸かり浮世の垢を落としてみてはいかがでしょうか。

※この記事は2015年11月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

温泉から美しい景色を楽しもう!関東のおすすめ5選
草津温泉の「湯ヂカラ」はやっぱりすごい!肌に噛みつく超酸性泉を堪能しよう!
信州・長野でりんご狩り!季節の旬体験スポット4

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP