体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリステン・リッター&レイチェル・テイラー来日インタビュー 『Netflix』のマーベル作品第2弾『ジェシカ・ジョーンズ』が配信中

IMG_2568_f

『Netflix』とマーベルによる実写シリーズ第2弾『ジェシカ・ジョーンズ』(全13話)が、11月20日(金) より全世界同時配信をスタートした。『デアデビル』から始まったこの企画は、この後、『ルーク・ケイジ』『アイアン・フィスト』と続いて、各シリーズのスーパーヒーローたちがチームを結成する『ディフェンダーズ』へとつながっていく構想だ。

このたび、かつてスーパーヒーローとして活躍し、現在は私立探偵を営む主人公のジェシカ・ジョーンズを演じたクリステン・リッター(ドラマ『ブレイキング・バッド』『23号室の小悪魔』など)と、その友人であるパトリシア・“トリシュ”・ウォーカー(パッツィ)役のレイチェル・テイラー(映画『トランスフォーマー』、ドラマ『グレイズ・アナトミー』など)にインタビューを実施。女性を主人公とした元ヒーローの物語という、マーベル作品の中でも特異なこの作品の魅力に迫った。

――今作はスーパーヒーローの物語でありつつ、探偵もの、クライムサスペンス、サイコスリラーなど、様々な要素が合わさった作品になっていると感じました。お二人のキャラクターについては、それぞれどのような女性だと解釈されて演じられたのでしょうか。

IMG_2560_f_2

リッター:ジェシカ・ジョーンズは、かつてスーパーヒーローだったけど、そのおかげで大きなトラウマを抱えて、今は私立探偵として世界とやや距離を置いているキャラクターなの。彼女は地球やニューヨークの街を救おうと思っているわけではなくて、家賃やウィスキー代を稼ぐために頑張って日々生きている。まずは普通の女性、2番目にスーパーヒーローであることを意識してアプローチしたわ。

IMG_2570_f_2

テイラー:私が演じたパッツィは、子役としてスターになったけど、母親が鬼のようなステージママだったことで悲劇的な経験をして、彼女もまたトラウマを抱えているの。大人になってキャリアを再構築して、今ではニューヨークでラジオDJとして成功を収めている。最初に登場した時には、ジェシカとの間に何か軋轢があるように示唆されるけど、このシリーズでは二人の間に何があったのかということも次第に分かってくるのよ。

リッター:実を言うと、私はもともとコミックも“マーベル・シネマティック・ユニバース”(MCU)作品もあまり触れてこなかったの。ある日、マネージャーから電話がかかってきて、「『Netflix』のスーパーヒーロー作品のオーディションに行ってくれ」と言われたわ。『ジェシカ・ジョーンズ』のことはまったく説明がなくて、スーパーヒーローなんてムリだと思ったんだけど、「大丈夫。主人公はスーパーヒーローであることに不得手な人間だから」って。オーディションを受ける中で、どんどんとその魅力に引き込まれたの。

テイラー:私たちが演じるキャラクターはどちらもパーフェクトではなくて、複雑な事情を抱えているんだけど、そこがまたリアルで人間的だと思う。マーベル作品の凄いところは、スーパーヒーローものであっても、コスチュームがどうこうではなくて、人物について深く掘り下げているところなの。そういう意味で、今作も視聴者の心に響く作品になっているはずよ。

――パッツィと言えば、やはりスーパーヒーロー“ヘルキャット”としての活躍も楽しみなのですが、こちらも期待してよろしいでしょうか?

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。