ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASH DA HERO、VAMPSとの共演で全開のパフォーマンスを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ASH DA HERO、VAMPSとの共演で全開のパフォーマンスを披露

12月2日にミニアルバム「THIS IS A HERO」でメジャーデビューするASH DA HEROが、11月15日にZepp Tokyoで行われた「VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666 」にJOINT ACTとして出演した。

会場に詰めかけた3,000人の観客を前に、SEが流れASHがステージに登場した時点では“お手並み拝見”といった雰囲気だった客席の空気が、1曲目の「THIS IS LOVE」でその声が響き渡るや否や一転。のっけから全開のパフォーマンスを受け、瞬く間に身体を揺らす観客と共に会場は熱気に満ちていく。

その反応にASH自身も手応えを感じたのか、短いMCを挟んで畳み掛けるように披露された「結局なんにもやれてない」、「Spawn」でのパフォーマンスでは、呼応する歓声や拍手を受け一気にヒートアップした。

MCの「名前だけでも覚えて帰って下さい…なんで言うつもりはなく、ガッツリファンになって下さい!」と強気な言葉にひときわ大きな歓声が巻き起こり、続いて演奏されたメジャーデビュー盤「THIS IS A HERO」のリードトラック「反抗声明」、そして「WAKE UP ROCK AND ROLL BAND」という“ASH流ロックンロール・ナンバー” では拳が突き上げられ大合唱が巻き起こった。

また、アップテンポのナンバーだけでなく「GOOD MORNING HELLO GOOD BYE」、「BABY GOOD NIGHT」といったメロディアスなバラードでは、その美メロと抑揚のあるヴォーカル力で観客をしっとりと魅了した。

最後のMCでは「絶対ここ(Zepp Tokyo)に自力で帰ってくるから!」と力強く宣言、「からっぽの街」とラストナンバー「Prologue」で全9曲を披露し“初Zeppライブ”を締めくくった。

そして、VAMPSのアンコール時にはhydeの呼び込みで再びステージに登場。「Sex Blood Rock N’ Roll」を一緒に歌うという、ジョイント・ライブならではのパフォーマンスも披露した。

Photo by KAZUKO TANAKA

<ASH DA HERO Set List>
M-1「THIS IS LOVE」
M-2「結局なんにもやれてない」
M-3「Spawn」
M-4「反抗声明」
M-5「WAKE UP ROCK AND ROLL BAND」
M-6「GOOD MORINING HELLO GOOD BYE」
M-7「BABY GOOD NIGHT」
M-8「からっぽの街」
M-9「Prologue」

リリース情報

デビューミニアルバム「THIS IS A HERO」
12月2日(水)発売
CRCP-40439 1,667円+税

関連リンク

ASH DA HERO OFFICIAL SITEhttp://www.ashdahero.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。