ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Windows 10対応、ポケットサイズのポータブルPC「Kangaroo」が便利そう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PCの小型化は目覚しく、持ち運べるタイプのPCも珍しくなくなってきた。以前「Intel Compute Stick」を紹介したが、InFocusが開発している「Kangaroo」ポケットサイズのポータブルPCだ。

・長さ15.8cm、重さは470gのコンパクトサイズ

本体の長さは15.8センチメートル、重さは470グラムというコンパクトさなので、カバンに入れたり、ポケットに入れたり、持ち運びも楽々。

Windows 10で動作するPCで、Intel Atomクアッドコアプロセッサ、2ギガバイトのRAM、32ギガバイトの内部ストレージを搭載。

マイクロSDカードスロットがついているので、「容量がちょっと足りないな……」と思う人でも外部メモリーを使えるので安心だ。

・1回の充電で約4時間の連続使用可能

内蔵のバッテリーは1回の充電で、通常の使用だと、およそ4時間の連続使用が可能。Windows Helloにも対応しており、指紋認証の機能も保有している。

この「Kangaroo」は、802.11ac Wi-Fi、Bluetooth 4.0に対応しているほか、HDMIポート、USB 2.0ポート、USB 3.0ポートを搭載しているので、使い方の幅が大きく広がる。

・iPadをディスプレイとして使える!

HDMIポートでモニターやテレビを接続できるほか、USBケーブルを活用してiPadにつなぎ、ディスプレイとして用いることもできる。

動画や映画を観たり、ゲームをしたり、プレゼンテーションに使ったり。コンパクトでパワフルなPCはきっと活躍してくれることだろう。

Kangaroo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP