ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

セカイイチ、先行シングルにオカモトショウ(OKAMOTO’S)が参加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

来春の新作リリースを発表したばかりのセカイイチが、年末に開催されるワンマンツアー『暮れの元気なご挨拶 2015』で販売される先行シングルの詳細を明らかにした。

セカイイチ (okmusic UP's)

先行シングル「Grave of Music」は、すでにライブで披露され人気曲となっている表題曲「Grave of Music」とそのアコースティックアレンジバージョンに加え、未発表曲の「Walk alone」、さらに前作『Anaheim Apart』に収録されている「Empty」の英詞バージョンという4曲が収録される。

「Empty」の英訳を担当したのは、プライベートでもセカイイチのメンバーと親交のあるOKAMOTO’Sのボーカル・オカモトショウ。セカイイチのボーカル岩崎によってRemixされた「Empty」のサウンドに英詞がのることによって、原曲とは全く雰囲気の違った仕上がりとなり、原曲を知る人にとっても知らない人にとっても新鮮な耳触りのダンスナンバーとなった。近々セカイイチの公式YouTubeチャンネルにトレイラーもUPされるとのことなので、そちらも是非チェックしたい。

【岩崎慧(Vo)よりコメント】
今作はライブ会場限定の先行シングルということもあり、内容としてはいい感じに踊れる楽曲になっていると思います。具体的に言うと、80’sR&Bやディスコ、ファンクをワールドスタンダードな音像に落とし込み、かつ、当時のシンセ音でヒップなフレーズを入れたりしていて、個人的にとても気に入ったが楽曲たちに仕上がっています。

さらにトピックの一つは「Empty」という去年リリースのminiAl.「Anaheim Apart」の曲をリミックスして、さらにそれを英詞Ver.で収録しました。英詞への翻訳はOKAMOTO’Sのショウ君に担当してもらいました。ショウ君としては初の試みだったようですが、出来上がりは素晴らしく、満足のいく仕上りになっています。この英詞について色々とショウ君と打ち合わせをしたのですが、その際もなかなかおもしろいお話があったので、ワンマンツアーの時にでも皆さんにそのお話をしたいと思います。

今年のセカイイチを締めくくるような楽曲で挑む12月から始まる僕らのワンマンツアーにぜひともご期待ください!

シングル「Grave of Music」
2015年12月4日(金)発売
※ライブ会場にて先行販売
<収録曲>
M1.Grave of Music
M2.Walk alone
M3.Grave of Music(Acoustic ver.)
M4.Empty Remix(English ver.)

『暮れの元気なご挨拶 2015』
12月04日(金) 大阪・umeda AKASO
12月13日(日) 愛知・名古屋UPSET
12月20日(日) 福島アウトライン
12月25日(金) 東京・青山月見ル君想フ
12月26日(土) 東京・青山月見ル君想フ

シングル「Grave of Music」 (okmusic UP's)
カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。