ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テクノロジーが医療・ヘルスケアをリデザインする「Health2.0 ASIA-JAPAN2015」開催!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヘルスケア市場をリードするキープレイヤーが集結

Health 2.0 Asia – Japan 2015」は「テクノロジーが、ヘルスケアをリデザインする。(Technology Redesigning Health Care)」というテーマのもと、米国、ヨーロッパ、アジアのイノベーターと日本のヘルスケア市場をリードするキープレイヤーが一堂に集結。医療・ヘルスケアを変革するイノベーションとコラボレーション、問題解決に向けたアクションについて議論する2日間となった。

世界各国のヘルスケア市場が大きな変革に直面しつつある中で、日本の巨大市場は世界の注目を集めている。その一方で国内問題である逼迫する医療保険財政を改善し、患者さんのQOLを向上させるヒントとして、医療・ヘルスケアとテクノロジーの融合に大きな期待が投げかけられている。

グローバル化から守られた最後の砦ともいわれる日本の医療業界。知の共有と連携を通して新たなビジネスを生み出すプラットフォームを創るために、スタートしたばかりのカンファレンスの一部をレポートする。

医師とテクノロジー導入における障壁をどう乗り越えるか

2日目午後には、Yosuke Chikamoto, PhDによるKeynote「医師とHealth 2.0 ~ヘルスアウトカム・患者の充足度・医師の充足度の観点から~」が発表された。

医療現場に新しいテクノロジーが導入された際に、医師と患者にどのようなコミュニケーションの変化が生じるか、またそこで起こりうる問題と行動科学を活用した解決策の数々が、氏がリードコンサルタントを勤める米国で最大の統合医療機関・カイザーパーマネンテにおける豊富な事例をもとに紹介された。

「医師はHealth2.0にどう取り組むべきか」という問いは、これから新しいテクノロジーを導入する様々な場面で思い起こされるだろう。Yosuke Chikamoto, PhDによれば、テクノロジー導入成功のポイントは「導入することによる成果」「患者さんの体験(満足度)」に加え、最も大切なのは「医師のやる気、やりがい」だという。

例えば電子カルテ導入では、入力の手間などから患者とのコミュニケーションを妨げるものとして懐疑心を持つ医師がいた。そうした医師に対しては、「どう使うとよいか(How)」「なぜ使う必要があるのか(Why)」「使うことのメリット(incentive)」という3つのキーワードでアプローチをしたという。

さらに行動科学をヒントに、医師の心理的障壁を崩していく。わかりやすい手法としては、外からの押し付け・他人のやり方や言葉ではなく、医師に馴染みのあるやり方・言葉に置き換えたコミュニケーションで抵抗を減らす。

変化にアンビバレントであるのは、100%ネガティブではないということだ。医師が普段から使っている言葉を使ってテクノロジーが持つポジティブな側面を浮かび上がらせることで、医師の興味につなげていくという。

こうしたコミュニケーションにおける、いくつかの具体的な手法も紹介された。例えば新しく導入するテクノロジーへの5段階評価で3を選んだ医師には「なぜ2じゃないのか?」という質問を投げかける。

すると医師はポジティブな側面について自分が感じていることを話さざるを得ない。こうした様々な手法を駆使して、新しいテクノロジーへの医師のやる気を引き出していく。

医療現場における新しいテクノロジー導入にはとかく抵抗が大きい。こうした状況を打開するには、様々な質問を投げかけることで、医師の心理を虫眼鏡でクローズアップすることが成功の鍵だという。

スタンフォード大学疾病予防研究センターで7年にわたり、ITを利用した数々のヘルスプロモーションのプロダクトを作成してきたYosuke Chikamoto, PhDによると、日本のHealthテクノロジーは遅れている。グローバル化の中での戦いはこれからだという。

氏は日本国内でも多くのイノベーションやアライアンスが生まれてほしいという期待で締めくくった。

Health2.0で披露された注目のデモ

同じく2日目午後には、ステージで様々なデモが披露された。そのうちのいくつかを紹介しよう。

「感情マネジメントシステム」株式会社LASSIC

顔面温度、表情、言語、音声などから感情を読み取り数値化・可視化するITアーキテクチャ。介護・福祉領域における高齢者の状態を読み解くなど、様々な活用が期待される。

電気を使わず自分の足でこぐ車椅子「プロファンド」株式会社TESS

介護をお世話から自立へ変え、自分の足で自由に動き回る事が出来る商品として、オランダをはじめ世界から注目されている。

人工知能を活用した「医療データ解析ソリューション」株式会社UBIC MEDICAL

機械技術と自然言語処理を融合。人の暗黙知を学び行動を予測する独自の人工知能技術。ランドスケーピング手法により低い教育コストで学習可能。院内での転倒・転落防止に役立つ情報をスコア化するなど、医療現場への活用が進んでいる。

「皮膚疾患遠隔診断支援アプリ」株式会社エクスメディオ

専門医がいない僻地などにおいて、写真と問診データを送ると12時間以内に皮膚科や眼科などの専門医から無料で診断・治療アドバイスが受けられる。

「幸せな世界」を描く技術開発で新たな医療・ヘルスケアテクノロジーを

そのほかのセミナーでは、セントケア・ホールディングの岡本茂雄氏より、新しい医療・ヘルスケアテクノロジーを次々と生み出しているシリコンバレーの動向についても紹介された。

日本では技術ありきの製品開発になりがちだが、シリコンバレーでは「幸せな世界」を描きながらの技術開発が多く、成功するのはこちらのアプローチだという。「未来を美しくするのは、われわれの目標をもった行動だ」という言葉は、テクノロジーに関わる仕事をする人達に希望を与えるものだろう。

第一回目にも関わらず、最後まで多くの人でにぎわった会場では、最後にHealth 2.0共同創設者であるMatthew Holt氏のスピーチがあった。これからHealth 2.0が目指す、医療・ヘルスケアとテクノロジーがダイナミックに融合する新しい世界について語られ、締めくくりの言葉となった。

(取材・執筆・撮影:はたけあゆみ/写真提供:Health2.0 ASIA-JAPAN2015)

あなたにとって「理想の会社」とは?

「理想の会社で働きたい!」――― いたって単純で、誰もがそう思うこと。
では、あなたにとって理想の会社とは?
あなたが思い描いた「理想」は、きっと今あなたが抱いている「不満」の裏返し。

残業が多い、服装が自由じゃない、エンジニア向きの設備がない、
BtoBの開発だけだと反応がなくてつまらない、
会社全体が新しい技術や開発スタイルに関心がない、
ずっとコードを書いていきたいのに管理職しか道がない…

あなたが抱くその「不満」を「理想」に変えられる会社がどこかにあるはずです。

ITエンジニアのための求人サイト「CodeIQ JOBSは、スキルやこだわりで検索ができます。
また開発環境や技術への取り組みなど、ITエンジニアがスキルを発揮するために必要な情報を多く掲載しています。
さらに、「CodeIQ」で得た評価をもとに、掲載されている企業の求人へ応募することも可能。

あなたにとっての理想の会社、探してみませんか?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP