ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平凡に埋没しないために、20代で知っておくべき『12のこと』

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ジョン・キム

作家

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

人間は知らないことを恥と捉えがちだ。だからつまらないことで知ったかぶりをし、 見栄を張り、その結果今まで知らなかったことを知る機会を失う。

何からでも学ぼうという気持ちがあれば、人間はどこまでも成長できる。まずは「自分が何も知らないということを知る」ことが先決だ。その上で、知っておくべきことを伝えたい。

01.
行動の伴わない思考は無力であることを知る

頭でわかった気持ちになることは危険である。本当に知るというのは、体得であり、体化である。体得と体化は、実践を通じてしか得ることができない。

02.
思考の伴わない行動は空虚であることを知る

とにかく行動すれば良いものではない。自身の行動の目的を明確に認識し、すなわち、自分が進む方向やその先にある目的地を描きながら、進むことが大事である。

03.
許される比較は、昨日の自分との時系列の比較のみ

自分の人生を誰かの人生と比較してはならない。比較する自分は今日から捨てるのだ。唯一正当化できる比較は、昨日の自分より今日の自分は成長したかどうか、だけである。

04.
未知との遭遇で未知なる自分に出会える

頭でわかった気持ちになることは危険である。本当に知るというのは、体得であり、体化である。体得と体化は、実践を通じてしか得ることができない。

05.
境界を越えた瞬間、境界は消えていく

自分にある境界は、自分が作り出した人為的で恣意的な境界に過ぎない。境界を越えゆくと、全ては繋がっていく。それは自分の世界が拡張されていくことを意味する。

06.
言葉で表現できない感情があることを知る

言葉というのは、極めて価値が高いものだが、全ての想いや感情を言葉で表せると過信してはならない。言葉の可能性に感謝しつつも、言葉の持つ不完全さや限界を理解することが大切である。

07.
重要なのは、選択の内容ではない。選択の姿勢である

人生の選択に悩むことも多いだろう。しかし、重要なのは、どの道に進むべきか、という選択の内容ではない。どの道でもいい。その道が自分の選んだ道ならば。あとは、その道を極めるだけである。

08.
自分に権威を振る舞う人に力を与えているのは自分自身であることに気づこう

頭でわかった気持ちになることは危険である。本当に知るというのは、体得であり、体化である。体得と体化は、実践を通じてしか得ることができない。

09.
時間は長さではなく、深さで勝負する

横に流れに時間は不可抗力。しかし、流れる時間を縦に刻むことは可抗力。その縦に刻むための武器が、集中力である。そして、全ての集中力は命に対する緊張感から来る。

10.
平凡の愚直な積み重ねからでしか、非凡は生まれない

日々の地味なる努力の積み重ねという裏付けのないところから変革は生まれない。

11.
自分の信念を貫いた非常識は美しい

創造的な人生を生きるためには、自分の違和感を大事にすることだ。その違和感が自分の信念からくるものであれば、それが常識とぶつかっても怖れる必要はない。たとえ、非常識と言われても、心の声に従って生きよう。それこそ美しい人生である。

12.
知識は人を傲慢にするが、知性は人を謙虚にする

知識を見せびらかそうとしないこと。それは知性のない証拠だから。知れば知るほど、自分の無知の広さが、わかってくるものだ。真実への謙虚さから、知性は始まるのである。

関連記事リンク(外部サイト)

なぜか、自動的に仕事が楽しくなる「4つの習慣」
自由な働き方ができる企業「4つの特徴」
社会とうまくやっていくための「8つの考え方」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP