ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クマムシ 『NHKのど自慢』出演の経験から歌ネタ生まれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年で70年目を迎えた長寿番組『NHKのど自慢』。素人時代にこの番組に出演していたという有名人は意外と多く、たとえば北島三郎やジェロ、テツandトモのトモなどものど自慢出身者だ。そして、歌ネタでお馴染みのお笑いコンビ・クマムシの長谷川俊輔も実は『NHKのど自慢』出演経験者。そこで、クマムシの2人に『のど自慢』出演時の裏話を教えてもらった。

──長谷川さんは『NHKのど自慢』に出場しているんですよね。

長谷川俊輔:17才の時ですね。誕生日の一か月前で、11月下旬。高校3年生でした。中学、高校ずっと柔道をやっていて、夏に部活を引退したあとです。実は、そこからわりとすぐお笑いにいきたいと考えていました。

佐藤大樹:いやいや、いっていないじゃん! 大学に行ってるし。

長谷川:そう、いっていないんですよ。でもいきたい気持ちはあって、人前に立って何か披露したいと思っていた時に、ぼくの地元の埼玉県川口市にちょうど『のど自慢』の収録の張り紙が貼ってあって、「これだ!」ってなったんですよ。

──芸人になるための足がかり的な。

長谷川:そうですね、もうこんな大舞台に出るチャンスはないと思いました。

──子供のころからの夢は、歌手ではなくお笑いだったんですか?

長谷川:お笑いですね。小学校の卒業アルバムに文集で書いたんです。でも歌も大好きで、当時よく一緒にカラオケに行っていた友達がいて、その友達と2人でのど自慢に出ることになったんです。

──何を歌ったんですか?

長谷川:2人でKinKi Kidsさんの『硝子の少年』を歌いました。友達は別の学校に通ってたんですが、2人とも柔道をやっていたので、2人で柔道着を着て歌ったんですよ。

──結果は?

長谷川:鐘二つで微妙な感じでしたね(笑い)。でも、その日のゲストが北島三郎さんと五木ひろしさんという、すごく豪華な回で!

佐藤:すごいね!

長谷川:歌い終わった後に、SMAPの中居正広さんがよくやるようなパッと回ってパッと止まるような回転を取り入れたダンスを踊ったんですけど、北島さんがその回転をすごく褒めくれました(笑い)。「あの~回転がいいよね!ちょっともう一回、回ってよ」って言われて、2人でに回ったらすごく会場も盛り上がりましたね。

──五木さんはいかがでしたか?

長谷川:本番前にスタンバイしているとき、ぼくたちが柔道着を着て緊張していたら、五木さんが「君たちは空手?」って話しかけてくださったんですよ。「ぼくたちは柔道です」と答えたら「ぼくはずっと空手をやってたんだよ」って会話してくださって、すごく緊張がほぐれたことを覚えています。

──いいお話ですね。

佐藤:五木さんとは、この前『NHK歌謡コンサート』でお会いしたんですよ。そのときの話をしたんだよね。

長谷川:うん。楽屋に挨拶をしにいったときに、のど自慢の時のエピソードをお話したんです。でも、五木さんは一切覚えてませんでしたね(笑い)。

──『のど自慢』のオーディションの様子はどうでしたか?

長谷川:出場者の数がものすごかったですね。たしか、川口市での応募総数が6000通くらいで、そこからオーディションに行けるのが200組だったと思います。はがきで応募するんですけど、ぼくはそのはがきに思いの丈をすべて書きまくりましたね。「のど自慢に出て鐘をもらいたいんだ!」という気持ちをバーッと書いて投函して。それから2週間後くらいに予選通過の通知が来て、「よし!! 予選に出れる」となったんだけど、予選会は40秒ぐらいしか歌えないんですよ。それで、短い時間でアピールしなきゃならないってことで、インパクトを残すために歌と踊りで勝負しました。

──手応えはどうでしたか?

長谷川:自分たちの歌が終わった後に、それを見ていた司会者の方に「あの踊りはこれからもっと派手になっていくの?」って訊かれたんですよ。このとき「よっしゃ受かった!」って確信しました。それで本戦に出られる20組に入ったんですけど、まあ完全に盛り上げ役ですよね(笑い)。

──その時に一緒に出演された人のことは覚えていますか?

長谷川:30才くらいの建築関係の人なんですけど、すごく仲良くなった方がいました。その人とぼく達がいっしょに合格して、「よかったね」ってお話ししたり。その人は結局チャンピオンになって、年間のグランドチャンピオン大会にも出場されていました。で、また後日『SASUKE』にも出場されていて、いやあ本当にすごい方だなと思いましたね(笑い)。

──『のど自慢』に出ると、有名人になるといいますが、どうでしたか?

長谷川:めちゃくちゃ声かけられます(笑い)。放送があった日の夜、一緒に出た友達と焼肉屋さんでホールのバイトをしてたんですけど、お客さんに「今日、のど自慢出てたよね~?」って声かけられたりしましたね。

──『のど自慢』に出たことが、その後の人生に影響を与えたということは?

長谷川:めちゃくちゃありましたよ。ぼくらコンビを組んだばかりのころは、コントしかやってなかったんですけど、事務所にはコントのスペシャリストがたくさんいたので、なかなか結果が出なかったんですよ。で、自分たちの持ち味を出さなきゃいけないってことで悩んでたんですけど、そこで思い出したのが『のど自慢』に出演した時のことだったんです。自分は歌が好きで得意なんだから、それが持ち味なんじゃないかって気づいて、歌ネタを作るようになって今のスタイルができたんです。

──まさに、『のど自慢』があったから、今のクマムシがあるっていう感じですね。

佐藤:ぼくは出てませんが、その通りだと思いますよ。だから、ぜひともクマムシをゲストとして出していただきたいです。

長谷川:番組出身者ということでぜひお願いします!

撮影■玉井幹郎


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『のど自慢』は「本物の人間図鑑を楽しむのが醍醐味」と桂三度
『のど自慢』出身20才の演歌歌手 出場者同士の団結力を語る
北島三郎・クマムシ・テツトモ…『のど自慢』出身者が語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP