ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

羽田美智子 早見あかりは「いやらしいくらいに本番に強い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 八王子発ドラマ『東京ウエストサイド物語』(12月2日22時~NHK BSプレミアムにて放送)の試写会に、主演の早見あかり(20)と、早見の母親を演じる羽田美智子(47)が登壇した。

 東京第1弾の地域発ドラマであるこの作品は、八王子まつりや八王子芸者など、八王子の魅力を織り込みながら、コメディータッチで家族のやり取りを描いていく。

 試写会終了後に登場した早見は、「私は就活生役だったので、自分が就活をしたらどうなのかなと想像しながら参加させていただきました。八王子は全然知らなかったんですが、オール八王子ロケだったので通ううちに、芸者さんがいて学生も多くて、すごくエネルギーにあふれたステキな町だとわかりました。

 羽田さんはじめ、高山家の人々がすごく仲良しで、本当の親子みたいにすぐなれて、すごく楽しかった。笑えて泣ける作品が作れたと思います」と、一生懸命に語った。

 羽田は、「最初に台本いただいたときに、ホントに笑って最後にグスンと泣けて、いい話だなぁと思いました。娘役が早見あかりちゃんと決まって、お会いしたときに、『ハーフですか?』って聞いたら、『日本人です』って。こんなきれいな子を産んだら、お母さんは期待するよなって思いました。天真爛漫に振る舞ってくれるので、楽屋の中が家族みたいにざっくばらんな感じで、自然と家の感じは出せたかなと思っております」と、笑顔で語った。

 羽田扮する母の晴恵は、突然、「芸者になる!」と宣言。八王子芸者になるのですが、その撮影を振り返り羽田、「都都逸を歌っているシーンがありまして、台本に、“へたっぴーな都都逸を、一生懸命、歌っている”と、書いてあったのでその通りやったら、見ている人には“へたっぴー”だけしかわからないじゃないですか。

“ホントにこいつ、へたっぴーだな”と思われるくらいのド下手ぶりが、自分でもちょっと愕然としてしまいました。一生懸命やってもあのレベルだったんですけど…。常に、一生懸命であることが試されたドラマでした」と、恐縮しきり。

 印象に残ったシーンを聞かれると、早見は「普段、お母さんはすごくやさしいんだけど、私がお父さんに対してひどいことを言ったときに、はじめてすごい勢いで怒るというシーンがあって…。“私のことはどういわれてもいいけど、あなたを育ててきたお父さんを大事にしなきゃいけないんだよ”というお母さんの感じと、逆にそれを聞いていたお父さんがワタワタしてて、どうしたらいいかわからない…みたいな、あのシーンが高山家らしくていいなぁと思いました」とニッコリ。

 早見の発言を聞いて、「私も同じです! やっぱり気が合っちゃう」と大喜びした羽田。

「そのシーンは、テストやリハを何回もやったし、慣れになってはいけないと思っていたら、あかりちゃんも同じことを思っていて…。本番のこの子の迫力がいちばんよかったんです。聞いていてグッと来ちゃって。“うわぁすごい! やった!”と思っていたら、監督も“OK!”って。この子、本番に強いんです、いやらしいくらいに。旦那さん役の羽場裕一さんと“末恐ろしい子だ”と、言い合ってました」と、早見を絶賛した。

撮影■平野哲郎


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
母娘役を演じた羽田美智子と早見あかり 仲睦まじそうに腕組む
早見あかり 共演の北島三郎に「かわいい!」連発されて困惑
ミランダ・カー ファン大集合の空港でおヘソが見える衣装着用

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。