ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

柄本佑 朝ドラ撮影中に「生宮崎あおい」とつぶやいたことも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 視聴率がグングン伸びているNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』。11月9日放送分が24.5 %、10 日放送分が24.8%と2日続けて番組最高視聴率を更新した。ちなみに24%超えは2014年度後期『マッサン』以来。

 その中で、柄本佑(28才)が演じる惣兵衛ファンが急増中。妻が身ごもってすぐに行方不明になってから久しいが、それゆえ、惣兵衛への思いを募らせている女性が多い。そんな惣兵衛役の柄本は、番組関係者から大絶賛されている。

「あのいや~な感じがすごい評判なんですけど、休憩時間はあの冷たい目つきから一転、柔らかい目つきに変わるんですよ!」(番組関係者)

 理由は、妻・はつ役の宮崎あおい(29才)のせいのよう。

「実は柄本さんは宮崎さんの大ファンで、宮崎さんのあまりのかわいさに、撮影中にぼそっと、“生宮崎あおい”ってつぶやいたこともあるそうです。ただ今回の作品が初対面なわけではないんです。宮崎さんのお兄さんとはもともと仲よしだから、プライベートでも何度も会っているようです。とはいえ、夫婦役ですからね(苦笑)。柄本さんは宮崎さんとのシーンでカットの声がかかると、劇中では絶対に見せないヘラヘラした顔つきになっています」(前出・番組関係者)

 結婚当初の惣兵衛は、はつに対して冷たい態度を取るものの、実は一目惚れという設定。それはプライベートでも同じ。2012年に結婚した安藤サクラ(29才)にも一目惚れだった。

「交際は結婚前提で、すぐにサクラさんの父の奥田瑛二さん(65才)に“結婚させてください”と言ったそうです。奥田さんに“3年はつきあってみないとわからないぞ”と言われてそうしたそうですが、女性に対して一筋っていうところは同じで熱い男なんです。ちなみに柄本は、奥田さんのことを“パピー”って呼んでいるそうですよ」(芸能関係者)

 柄本の父は柄本明(67才)で、母が角替和枝(61才)。弟は柄本時生(26才)だ。一方サクラの父は奥田で、母は安藤和津(67才)。姉は映画監督の安藤桃子。そんな芸能家族同士が一挙に集まるのが、唯一、新年だという。

「柄本明さんと奥田さんは、ひたすら囲碁をやって、お母さん同士は、ずっとぺちゃくちゃおしゃべり。子供たちはみんな勝手に動くそうですよ」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2015年11月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『あさが来た』の柄本佑 宮崎あおいとのシーンはほぼ一発OK
宮崎あおい 兄と交流10年超の柄本佑との夫婦役息ぴったり
演技賞の宮沢りえ 贈呈式で黒ドレスから大胆に背中を披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。