ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コスパ悪い投手が多数引退 アウト単価571万円の内海も心配

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球において年俸はその選手に対する評価であると同時に、期待度の表われでもある。莫大なカネを手にする選手は、金額に応じた活躍を見せなければ手厳しいブーイングに晒されても仕方がない。

 では今季、最もコストパフォーマンスが悪かった選手は誰か。集計は『プロ野球なんでもランキング』(イースト・プレス刊)など野球関係の著書が多いライター・広尾晃氏に依頼した。投手部門を見てみよう。

「各投手、平等な指標で評価するために、アウト1つを取るのに年俸がいくらかかったかで計算しました。なお一度も試合出場のない選手については、一流選手の仲間入りの基準である年俸1億円以上に限定しています」(広尾氏。以下「」内同)

 今年最悪の給料泥棒は、文句なしでソフトバンクの松坂大輔で決まりだ。
 
「年俸効率でいえば論外です。4億円もらっておいて一度も一軍登録がない。1球も投げていないのだからお話になりません。中日の岩瀬仁紀(3億円)、楽天のミコライオ(1億5000万円)も同様です」
 
 少しでも投げた投手の中で最も高くついたのは、巨人・西村健太朗である。5月に二軍の試合で打球が顔面を直撃して10針縫うケガを負い、復帰した6月の試合で今度は脚に打球を受けるという不運が続いたとはいえ、1億3000万円で1年かけて3つしかアウトが取れなかった(1アウトあたり年俸4333.33万円)。
 
「巨人はとにかく費用対効果の悪い選手が多い。少し活躍すると大幅に年俸が上がる傾向があるためです。27位に顔を出している山口鉄也もそうですが、救援投手で高額の年俸だと効率は悪くなる。救援で頑張ったから年俸を上げるといっても、限度を決めたほうがよいのではないでしょうか」

 投手ワーストの2位(アウト単価2800万円)・永井怜(楽天)、3位(2166.67万円)・木佐貫洋(日本ハム)、6位(1000万円)・山本昌(中日)、8位(857.14万円)・斎藤隆(楽天)はいずれも今年で引退。こう見ると費用対効果の悪くなった選手が多数引退しているのが分かる。
 
「年俸と成績が噛み合わないのは選手としての末期症状ですからね。その点、12位にランキングされた巨人・内海哲也は心配です」
 
 4億円でわずか5試合の登板。取ったアウトの単価は571万円にものぼる。
 
「1試合あたり14アウトしか取れなかったわけで、換算すると5イニングも投げられなかったことになる。この数字で2勝できたのはむしろ幸運です。このパーフォーマンスは、ワーストの西村より巨人の期待を裏切ったといえるのでは」
 
 反対にベストで光ったのは、中日の高卒3年目・若松駿太である。年俸550万円の投手が23試合に登板。1アウト当たりの年俸は1万3000円で、同じ先発の内海と比べれば436分の1で済む。

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プロ野球金食い虫選手ランキング 阪神・西岡超えたあの選手
J1連覇の広島は年俸10位 1億円超え5人を擁した横浜下す快挙
プロ野球トライアウト 登板時間より長くタバコを吸う選手も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。