ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【激怒】幼児にコーラを飲ませたら他人が「飲ませるな!」と怒鳴ってきた件「無害だし私の子なんだから黙ってて!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これは、神奈川県のとあるレストランで実際に起こった出来事である。カジュアルなイタリアンレストランの副マネージャーをしている小山美鈴さん(仮名)が、客同士のトラブルに巻き込まれた。

・トラブルは別の方向からやってきた
2015年11月某日、20代と思われる夫婦が3歳の幼児を連れてレストランを訪れたという。ウェイターの証言によれば、幼児は他の客に迷惑な行動をすることなく、おとなしくスパゲティやリゾットを食べていたそうだ。しかしトラブルは別の方向からやってきた。

・幼児が飲むもんじゃないわよ!
60代と思われる老夫婦の女性が、その若い夫婦に「アンタ! こんな2~3歳の子にコーラなんか飲ませて死なせる気!?」と怒鳴りつけてきたのだ。若い夫婦は呆然としていたそうだが、年配の女性はさらに「コーラなんて大人になってからでしょ! 幼児が飲むもんじゃないわよ!」と怒鳴り続け、さすがに見かねたウェイターが、副マネージャーの小山さんを呼びにきたのだという。

・私の子どもなんだから黙ってて!
若い夫婦の妻のほうも反撃に出て「コーラなんてジュースでしょう! 3歳の子どもには無害だし、私の子どもなんだから黙ってて!」と、年配の女性に言い返したのだという。仲裁する立場の小山さんは「どう仲裁すればよいか?」を非常に悩んだそうだが、とっさに「他のお客さまが驚きますので」と両者に言い、その場をなだめたそうである。

・幼児用にコーラを注文されたらどうするべきか
老夫婦は会計をする状況だったらしく、そのまますぐに帰ったそうだが、若い夫婦も料理を残した状態で、そのあとすぐに帰ったそうだ。小山さんは「申し訳ありませんでした」と両者に謝ったそうだが、「幼児用にコーラを注文されたらどうするべきか」という部分において、いま現在も答えが出ていないという。小山さんは以下のように語る。

・明確な判断ができなかった
「コーラはソフトドリンクの部類に入るので、法的に提供すること自体は問題はないのです。しかし、コーラに対して過剰に反応するお客様がいたのも事実なので、食に携わる人間として、詳しく学ぶ必要があるのではないかと思いました。そもそもあの時は知識不足で、明確なフォローや判断ができなかったのですから」

・子供は「食」の制御ができない?
この件に関して外食コーディネーターの浜松一郎さん(仮名)は次のように語る。「親が制御できれば子供がコーラを飲んでも良いと思いますよ。子供に飲ませたくないという考えがなぜ生まれるか? コーラが健康に悪いということではなく、美味しいと感じたら際限なくハマってしまうでしょうし、飲むべきではない理由があるならば、子供は「食」の制御ができないからなんじゃないでしょうか? 栄養バランス面の制御ということですね。そう考えれば、コーラに限らず、似たようなドリンクやお菓子は3歳児にはまだ早いかな。外食するたび、親がコーラを飲むたび、コーラをせがむようになったら面倒ですからね」。

皆さんは、もし自分に子供がいるとした場合、何歳からコーラを飲ませるだろうか?

https://youtu.be/7z1dInpyY_c

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/11/17/cola-infant/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP