ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HARAJUKU KAWAii!! STYLE | ハラジュクカワイイスタイル 2015-11-16 21:00:00

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月16日、田中里奈の7冊目となる書籍『ALL about RINA』がついに発売されました。
完成した本を、本人が手にして約一週間。
「出来上がった本を改めて、心静かな気持ちで全部読みました。読み終わったあとは、やっぱり涙が出て」
そう話す田中里奈自身に、怒涛の撮影期間の様子や、本書の読みどころ、自分を応援してくれる、すべての人へ向けたメッセージを、素直な気持ちと言葉で語ってもらいました。

HARAJUKU KAWAii!! STYLE | ハラジュクカワイイスタイル 2015-11-16 21:00:00

長い目線で、自分の変化をつづりたい。
そんな思いから生まれた“言葉”がカギのファッションブック

—『ALL about RINA』は、制作期間がとても長かったそうですね。

スタイルブックって、普通は短い期間でぎゅっと作ることが多いんですけど、前から「それじゃもったいない」って思っていて。撮影期間が短いと、その時の自分の感覚だけで表現することになっちゃうんですよね。
例えば、コーディネートで言っても、そのときにハマっているアイテムがあるとしたら、それを使ったコーデが自然と増えちゃう…。そうじゃなくて、「長期的に、自分の気持ちや好きなものを、1冊の本にしたい」って正直な気持ちを、担当の編集さんに相談しました。そうして実現できた本です。

打ち合わせは今年の春からしていて、撮影は7月からスタートし、秋まで続きました。校了(※誌面の最終チェックをする作業)直前の、ギリギリで撮ったものもあります。
夏って、春の気持ちが残っているし、秋になると、冬の気持ちを思い出す。夏と秋の季節をまたいだ長い製作期間の中で、自分の感覚の移り変わりを、自分でも作りながら感じていたし、それを、この本の中に閉じ込めることができたと思います。

HARAJUKU KAWAii!! STYLE | ハラジュクカワイイスタイル 2015-11-16 21:00:00
着物のページ以外は全て私服でコーディネートを組んだのだそう。

—“読む”ファッションブック、がコンセプトなだけあって、写真も、文字も多い印象! だけど、すごく読みやすいです。

コーディネートは300体以上掲載しています。それにともなって、文章量も多いんですけど、読者さんの中には、活字が苦手な方もいるだろうから、そんな方にも読みやすく、楽しく読んでもらえるように工夫しました。
私を形成するものを、AからZまでのキーワードにしたページ「RINA’S Dictionary」は、特に、文字がいっぱいのページなんですけど、大好きなイラストレーターのFACEさんにご協力いただいて、絵をたくさん入れました。素敵なイラストと一緒なら、活字もスッと入っていくんじゃないかな。

そして、今回の本では、ライティングもたくさんしています。自分で紡いだ言葉なんですけど、そのときの自分に「ハッ」とするようなフレーズもあったり。もっと先の未来の自分がこの本を読んだとき、過去の自分のことを、愛おしく感じられる本に仕上げられたんじゃないかなぁ、と思います。そんな時がくるのが、今から楽しみ。

HARAJUKU KAWAii!! STYLE | ハラジュクカワイイスタイル 2015-11-16 21:00:00
出版社で徹夜作業をして、朝に帰宅することもしばしば。

—撮影現場の裏話を聞かせてください。

正直すごく、大変でした。撮影が続くと、朝4時半集合で、夕方まで撮影して、自宅に戻ったらまた翌日の撮影のコーデ組みを始めて、気付いたら深夜3時。そんなタイムスケジュールが何日も続きました。まさに、命を削って作った本。裏方の仕事にも、すべて携わらせてもらって、モデルとしてだけではなく、ひとりの編集として全力で取り組んだ制作期間でしたね。

HARAJUKU KAWAii!! STYLE | ハラジュクカワイイスタイル 2015-11-16 21:00:00
手元に届いた『ALL about RINA』

—特にこだわった部分は何ですか?

言葉を大事に、というコンセプトはもちろんそうなんですけど、 晴れ着の着こなしを紹介するページ以外は、これまで発表してきたスタイルブック同様、300体以上のすべての洋服が自分の私服で、セルフスタイリングです。これまでの私と、今の私を、スタイリングを通して表現することができて、どのコーディネートにも愛情がいっぱいです。

>>自分自身を昔からずっと見てくれていた人たちと、全力で駆け抜けた日々

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。