ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

舞台『ハイキュー!!』全国89館でのライブビューイング決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

古舘春一さんの漫画『ハイキュー!!』(週刊少年ジャンプ連載中) を原作にした舞台の東京公演がAiiA 2.5 Theater Tokyoにて11月14日に幕を上げました。

ゲネプロの後行われた囲み取材には、演出のウォーリー木下(ウォーリー・キノシタ)さん、烏野高校影山飛雄役の木村達成さん、日向翔陽役の須賀健太さん、青葉城西高校及川徹役の遊馬晃祐さん、岩泉一役の平田雄也さんが登壇し、それぞれの作品にかける意気込みを語った。

【関連:『ハイキュー!!バボカ!!』人気投票で教頭ダントツ1位】

▼ウォーリー木下(ウォーリー・キノシタ)さん/演出
今回の作品は、大人気漫画が原作なので、その原作の良さ、キャラクターの良さを実際の人間がやることを念頭に おいて演出しました。役者の皆さんに演じてもらうことによって、バレーボールを観ているような、あるいは「ハイキュー!!」 を読んでいるような、新しい体験をしていただけるのではないかと思います。 また、新しい技術をたくさん取り入れているので、そういったデジタルと、汗というアナログの融合も楽しんでいただけれ ばと思います。

▼須賀健太(スガ・ケンタ)さん/烏野高校 日向翔陽役
原作を最初の読み切りの号から毎週欠かさず読んでいます。原作の古舘先生にファンレターを書こうと下書きをした くらい本当に大好きな作品なので、キャラクターを演じることができてとてもうれしいです。 今、21 年間生きてきて、最も動き、そして汗をかいています。「ハイキュー!!」の原作に「頂の景色」という言葉が出て きますが、この作品では、2.5 次元ミュージカルの「頂の景色」を見ることができるのではないかと思っています。 全身全霊で演じていきますので、よろしくお願いします!

▼木村達成(キムラ・タツナリ)さん/烏野高校 影山飛雄役
原作を読んで影山が大好きになり、オーディションの時からこの役は絶対に渡したくないと思っていました。「頂の景色」を 見られるよう、舞台上で生きられるよう頑張ります。応援のほどよろしくお願いします。

▼遊馬晃祐(アスマ・コウスケ)さん/青葉城西高校 及川 徹役
今回初舞台ということもあり、非常に緊張しています。しかし、今回演じる及川は、青葉城西高校のキャプテンでもあるので 堂々としていたいです。高校 3 年間やってきたバレーボールで培ったジャンプ力にも注目してほしいです。

▼平田雄也(ヒラタ・ユウヤ)さん/青葉城西高校 岩泉 一役
『ハイキュー!!』の中で僕が演じる岩泉は、男らしくてかっこよくて、漢(おとこ)の鑑で、心から尊敬しています。全体としては もちろん、青葉城西高校の熱い気持ちを伝えていければと思っています。

ハイパープロジェクション演劇『ハイキ ュー!!』は、原作の魅力である人間ドラマを熱い演劇で、そして バレーボールの試合を、最新映像テクノロジーを駆使して表現した舞台作品。

11月14日からの東京公演を皮切りに、大阪、宮城、そ して東京凱旋公演と行われる。さらに全国89館でのライブビューイングも開催決定した。舞台チケットは7,800 円(全席指定・税込)。ライブビューイングは12月13日18:00開演分でチケットは3,600円(税込)。11月17日まで抽選販売受付が行われ、11月21日から一般販売が行われる。






(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

※「舞台『ハイキュー!!』全国89館でのライブビューイング決定」はおたくま経済新聞で公開された投稿です

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP