体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リッチなカレーの『アサノ』でリッチなチキンカレーを食す @『アサノ』東京都町田市

asachiki-4_R

さして名物と呼べるほどのグルメがない町田ですが、唯一”カレー”に関しては

「日本一のカツカレー」

と呼ばれている”リッチなカレー”の『アサノ』があったりします。と、言う訳で今回は『アサノ』のチキンカレーを紹介してみましょう。

『アサノ』と言えばカツカレー1択!

asachiki-3_R

かつては誰が何をオーダーしても、絶対に”カツカレーしか食べさせない”と言う、超絶にストイックな『アサノ』でしたが、息子さんが店に立つようになってからは、誰もがカツカレー以外のカレーを食べる事が出来るようになりました。

まあ、飲食店としては「それが普通なんじゃね?」って話ですが、そういった事情もありカツカレー以外のカレーは食べられなかった時代があったのです。

asano-10_R

と、いうわけで時代が変わった今、筆者的には気になる『アサノ』のチキンカレーをオーダーしてみた次第です。やはりカレーをリスペクトするなら宗教的な意味も含めて

「チキンカレーこそ至高!」

かと存じます。宗教的にも縛りが少ない鶏肉こそ、カレーに使う肉としてはベストです。

なので、さして宗教的にはチキンもポークも全然関係ない筆者ですが、カレーマニア的にそこは一応チキンカレーにコダワリたい所で御座います。

『ランチパスポート』の罠に気を付けるべし!

asachiki-1_R

そして筆者がチキンカレーをオーダーすると

「ランチパスポートじゃないですよね? 土日祝日は使えませんので」

みたいな軽い返しが来たりして、ちょっとナーバスな空気が店内に漂いました。

まあ、筆者はそういう割引券みたいなのは使わない派なので関係ないのですが、カツカレー以外のオーダーが入る度に上記のようなやり取りが発生すると思うと、ちょっと店主が気の毒ですね。

チキンカレーもポークカレーもベースは同じ?

asachiki-2_R

しかし!

『アサノ』のカレーベースは、すでに豚バラ肉がイイ感じに寸胴で煮込まれている模様…

もはや宗教的な意味でチキンカレーな必要はなさそうです。むしろ、店的には”ポークカレー推し!”な気がしないでもありません。

ちなみに『アサノ』のカレースープと言うかベースに関しては、他にもイロイロな秘密が有りますが、流石に詳細は書けないので省略します。

『アサノ』のチキンカレーを食す!

asachiki-14_R

と、言う訳でアレコレあって写真の”チキンカレー”で御座います。

カツカレーしか食べられない時代には、めちゃめちゃ食べたかったチキンカレーですが、普通に食べられるとなると逆にカツカレーが食べたくなる罠ですな。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。