体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外旅行保険はクレジットカードの付帯サービスで大丈夫!?

photo credit: Mighty Travels via flickr cc

photo credit: Mighty Travels via flickr cc

TRiPORTライターのRenaです。
海外旅行へ出発前には、必ず保険に入りますよね。
最近は海外旅行保険付きのクレジットカードも増えていますが、
「クレジットカードの付帯海外旅行保険は大したことがない、万が一の時の補償が不足している」という話をよく聞きませんか?
様々な情報が錯綜するクレジットカードの付帯海外旅行保険についてまとめました。

カードの保険で旅のトラブルはカバーできるか?

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、その内容をよく調べられないまま「なんとなく信用できない」といった感じで放置されていることが多いのが現状です。まずはその誤解を解いていきたいと思います。

カードの保険では保険内容が不足している?

カードによってかなり付帯保険の内容は違います。
中には無料の付帯海外旅行保険であっても非常に補償内容が充実したものもあります。
実は、カードの無料付帯海外旅行保険でも、かなり手厚いものがあるのです。
また、後ほど詳細は説明しますが、複数のクレジットカードを所有することで、全てのカードの補償額を合算できる場合があります。
この、補償額の合算という技を使用することで、クレジットカードの付帯海外旅行保険でもしっかりと補償を受けることができるようになります。

「最大補償額2000万円!」などの高額補償は何でも補償してくれる訳ではない!

最大補償額とは、通常は死亡時(病気での死亡は除く)の補償額を意味しています。旅行でケガや病気にかかったり、盗難にあうことはありそうですが、死亡は確率的には低そうですよね。カードの付帯保険が弱いのはここで、ケガや病気の際の治療費が、AIU等の専門海外旅行保険に比べて少ないことがよくあります。よく調べてから加入しましょう。
また、この点についてもカードを複数所有することで補償額を増やすこともできます。

カードによって補償内容は違いがある

カードによって補償内容はバラバラです。年会費無料のカードであっても手厚い補償内容のカードもあれば、そうでないものもありますので、よく調べてから加入してください。

子供はカードを持てないので新たに保険に入るしかない?

これは加入しているクレジットカードによりますが、一部のカードについている「家族特約」という機能を使うことによって、親のクレジットカードで18歳未満の子供の保険もカバーすることができます。

カード付帯海外旅行保険の使用時注意ポイント

photo credi: Mie Sato「NewYork貧乏旅行」
1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会