ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お坊さんの妻 檀家の目気になるからツイッターで憂さ晴らし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 連続ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)では、雑巾がけや裁縫などの花嫁修業、姑のイヤミ、古いしきたりなど、お寺の生活が描かれているが、実際お寺の生活はどんなものなのか? 以下、3人の「お坊さんの嫁」がリアルな本音をぶっちゃけてくれた。

◇座談会参加者
 A子さん…20代、結婚1年目。婚家は神奈川県内の日蓮宗。
 B子さん…40代、結婚15年。婚家は信州にある曹洞宗の禅寺。
 C子さん…50代、結婚30年。婚家は大阪の浄土宗。

A子:去年、嫁いだ新人です。旦那は同じ年の26才。義理の両親はかわいがってくれますが、見た目はちょいちょいダメ出しされます。私、アパレル関係で働いているので、派手なんですよ。今でこそ黒髪ですけど、交際中は金髪や緑だったので、結婚式で当時の写真がスライドで流れた時には、新郎側の親族席がザワザワと…(笑い)。

B子:40代になると白髪を染めるけれど、ダークブラウンが限界かな。檀家さんにお茶出しをするから、ネイルもNG。たまにマニキュアを塗っても、1日で落とさなきゃいけないから、ストレスが溜まる!

A子:ウチもまつエクとネイルを禁止されましたが、泣き落としでなんとか! でも私も、結婚式では折れて和装で挙げましたよ。ウエディングドレス、ちっちゃい頃からの憧れだったんだけどな。

C子:お寺に嫁いで大変なことはない?

A子:あります! どこで檀家さんに見られているかわからないから、近所を歩くのがいちばん緊張します。気軽に道端で食べ物をほおばれなくなりました。ツイッターで「歩き食いができなくなった」と、ぼやいています(笑い)。義理の両親も見ているからやりづらいけど、ストレス解消のツイッターはやめられないですね。

B子:私は結婚当初、なかなか檀家のみなさまと仲よくなれなくて悩みましたね。見かねた姑が、「御詠歌を習って、檀家のご婦人がたに教えたらいい」とアドバイスをくれて、偉い先生に学びました。御詠歌は讃美歌のようなもので、通夜や法事で歌うんです。嫁入り修業と思って頑張りましたよ。

C子:お寺の嫁ならではの修業よね。私が檀家さんとの関係で大変だったのは、跡取り問題。ホラ、お寺の嫁の務めといったら後継者づくりでしょう。顔を合わせるたびに、まだかまだかとプレッシャーをかけられて。息子が生まれた時にはホッとしたわ。

B子:浄土真宗なら女性でも住職になれますけど、禅宗では男性でないとダメ。檀家さんから、やれマムシドリンクだ、自然薯だ、うなぎだと、これでもかと精がつく食べ物が差し入れられる。「若さんに食べさせてあげて!」って、言われても―住職には言えないのに、嫁相手だと言いやすいみたいで。

C子:私が嫁いだ頃は檀家さんがよくお寺にいらしていて、子供部屋を覗いては息子に「漫画を読まないで勉強しろよ」と叱ったりしたの。頭を抱えたものだわ。

※女性セブン2015年11月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ファンモンDJケミカル 1304年から続く寺を継ぐため1年修行
奥様目線のスキャンダル掲載の『月刊住職』 僧侶の妻も愛読
金満僧侶はごく一部 檀家増やすためバー開きマスター就任も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP