ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JR九州「或る列車」 料理コースは成澤由浩氏がプロデュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 車窓からの絶景とご当地の旬の食材を同時に味わうことができる「グルメ列車」が続々誕生している。特に熱い眼差しが注がれているのが、「SWEET TRAIN」と冠し、8月8日にデビューしたJR九州の『或る列車』だ。11月からは佐世保~長崎間で運行している。

 2両編成の列車のデザインはデザイナー・水戸岡鋭治氏によるもの。内装には既製品を使わず、九州の工芸と匠の技で荘厳な空間を造り出した。

 お弁当とスイーツからなるコースは、世界的シェフである成澤由浩氏のプロデュース。例えば写真で紹介する弁当は、手前から「うちわ海老と蕪蒸し」、「甘鯛のエスカベーシュ 柚子の香り」、「新米と長崎和牛ロースの炙り寿司」。一番奥のデザートは「みかんと新米のカクテル バニラの香り」。

 いずれも九州各地から厳選した食材が使用されており、優しさと華やかさが同居したメニューばかり。スイーツは作り置きせず車内で仕上げられるほか、スパークリングワインなどのドリンクも飲み放題。

 至福の「走る豪華レストラン」で美しい風景とご当地の味が堪能できる。

◆或る列車(JR九州)
【区間・料金】佐世保(長崎)~長崎(1日1往復 午前便:佐世保→長崎、午後便:長崎→佐世保)約2時間半2万円~(JR九州旅行支店販売分)。詳細は専用ホームページ(www.jrkyushu-aruressha.jp/)まで。

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
来秋デビューのJR九州「ななつ星」 抽選倍率は平均7.27倍も
観光列車「肥薩おれんじ食堂」で黒豚など地元の名産品を堪能
水戸岡鋭治氏 デザインに必要なものは「整理整頓する能力」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP