ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新作撮った紀里谷和明監督 「日本映画界を批判」の真意語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 話題作『CASSHERN』『GOEMON』を手掛けてきた紀里谷和明監督。日本映画界から総スカンを食ったこともあった彼だが、一方で、ハリウッドからはオファーが殺到。5年をかけた大作『ラスト・ナイツ』(公開中)でハリウッドデビューを果たした。過去作品でも著名な俳優たちがこぞって出演する紀里谷作品。今回もクライヴ・オーウェンやモーガン・フリーマンら名優たちが参加。撮影エピソードやしくじり話を聞いた。

――ハリウッドデビューとなった映画『ラスト・ナイツ』の主演がクライヴ・オーウェンで、モーガン・フリーマンが共演とは。ビッグネームにそれだけで観たくなりました。著名な役者さんが揃いましたが、絶対外せない俳優はいたんですか?

紀里谷:オーウェンですね。たまたま(ハリウッドの)エージェンシーが僕と一緒だったので、そのつてでオファーしました。彼が決まったことで、いろんなところが回り始めた。モーガン・フリーマンが出演してくださると聞いた時は耳を疑いました。韓国の名優といわれるアン・ソンギも、「あのアン・ソンギさんですよね? こんな脇役でいいんですか?」という感じでした。モーガンの妻役のペイマン・モアディはイラン映画『別離』で、アカデミー賞外国映画賞を受賞しています。希望の配役ばかりです。

――製作に5年の年月がかかったそうですが、どれほど大変だったのでしょうか。

紀里谷:あまりの大変さにこれを完成させたら映画監督を辞めようと思っていたほどです。まず、撮影環境がマイナス20度でした。室内でもそれくらい寒いんですよ。服は南極仕様、ダウンジャケットの重ね着。靴も二重履きです。これだけ寒いとカメラもコンピュータも凍ってしまうので編集ができない。「コンピュータが充電されないってどういうこと?」って思いましたよ。電気毛布でコンピュータをくるんで編集していたくらいです。

 撮影部はずっとヘアドライヤーでカメラを温めていました。そんな状況下でまた雪が降るんですよ。降ってはいけないシーンで雪が降る。一方で、雪が溶けてしまい画がつながらないときには、スタッフが他の所から寝ないで雪を運んでくる…。過酷な状況下で撮影日数は50日間。実際3か月以上撮っていました。

――みなさん疲労困憊になりますね。

紀里谷:そうなんです。でも、監督はそんな極限状況で次々と決断を下していかなければならない。膨大な予算がかかっていて、これだけのキャストが揃っているわけですから、一つひとつが重い決断です。モーガン・フリーマンのシーンはひとつでも取りこぼしてしまうと、彼の撮影期間は決まっているため、映画自体がなくなってしまう可能性がありました。そんなことの連続でしたが、相談する人もいないし「俺って監督に向いていないんじゃないかな」という気持ちになってしまうんですね。こんな生意気なぼくでも弱音が出てくるんです(笑い)。  

――そんな落ち込んでいた時にモーガン・フリーマンに励まされたとか?

紀里谷:監督に向いていないし、もう辞めようと思い詰めていました。ちょうど撮影時の休憩中でボーッとしていた時です。インタビューを終えたモーガンがトコトコトコと歩み寄って来て、「ちょっといいか」といきなり話しかけてきた。それで、「君は監督をしていて大丈夫だから。全然問題ない」と言ってくれたんです。すごくうれしかったですよ。「モーガンがそう言ってくれるなら、映画監督をやっていいのかな」と思えた。救われました。

――モーガンに言われたという「Listen」とはどういう意味だったんですか?

紀里谷:その時、彼に「まだ映画を3作しか撮ったことがありません。もっといい映画監督になるにはどうすればいいんですか」と聞いたんです。そうしたら、「Listen」と。映画監督が撮影時に何をもってオッケーと言い、何をもって撮り直すかというと、きわめて監督の主観です。監督であるぼくに何かが伝わってきた時にオッケーを出す。だからモーガンは、(俳優の芝居に)違和感がある、伝わってこない時には、自分の声を聞いてほしいということを「Listen」という言葉で表現してくれたのではないかとぼくなりに解釈しています。

――大変失礼ながら、監督第一作『CASSHERN』(2004年)の評判が良くなかったので、正直、紀里谷さんは1作で終わったな、と思っていました。それが、『GOEMON』、そして、『ラスト・ナイツ』でハリウッドデビューとは驚きました。

紀里谷:『CASSHERN』は観ていないのに批判する人が多かったんですよ。周りに聞いてみてください。『しくじり先生』(テレビ朝日系)でも言ったんですが、批評にしても、みんな誰かが言っていることを繰り返しているだけなんです。ぼくと話した初対面の人は100%、「紀里谷さんってこういう人だったんですね」と言います。「あまり話さない人かと思った」とか、「クールな人だと思ってた」とか、「冗談を言わない人だと思っていた」とか。不思議ですよね。会ってもいないのにそういうイメージが植えつけられていく。それに近いことが『CASSHERN』でも起こったと思っています。

――『しくじり先生』に出演されたことは、ネットではかなり話題になりました。『CASSHERN』では、紀里谷VS日本映画界のような話もありました。

紀里谷:番組の内容を全部信用されても困ってしまうのですが(笑い)、日本映画は大好きなんです。子供の頃から松田優作さんが大好きだったので『蘇る金狼』『野獣死すべし』やアニメなどをよく見ていました。黒澤明監督作品や鈴木清順監督の大ファンですし。ところが、カメラマンとしてPVなどを撮っていた頃、「何か映画を撮ろうよ」といっても「それは無理だよ」と端から取り合ってくれない。そんな日本映画界の風潮が嫌で仕方がなかったんです。「やってみないとわからないじゃん!」という気持ちがすごくありました。

――それで相手にされなかったわけですか。

紀里谷:もうひとつイヤだなと思っていたことがありました。傍から見ていて、「映画業界としてはこうですよ」という人たちがすごく多かったんです。「そんなこと誰が決めたの?」という反発がすごくありました。ぼくはカメラマンだった時、当時最先端だったデジタルカメラを使っていました。「そんなの写真じゃない」という人がいっぱいいたわけですが、今やみんなデジタルじゃないですか。時代は変わっていくものです。映画ももう2、30年したら日本映画という概念もないと思うんですよね。すべてが「映画」という概念で、いろんな国の役者やスタッフと一緒に作り、たまたま原語が日本語や中国語、韓国語、ドイツ語かもしれないというだけの話じゃないですか。そんなことを言っていただけのつもりなんですけどね。

――そんな紀里谷さんの転機とは?

紀里谷:ニューヨークでスタートしたカメラマン時代に遡ります。新人ですから、もっと売れるものをどうつくればいいのかって考えますよね。そうすると、今売れているものや今流行っているものを追いかけようとする。自分も同じことをすれば売れるかなって。そういう時に、たまたま日本の雑誌からお仕事をいただいたんです。ぶち抜き15ページくらいのファッションページ。それは今、ぼくが『ラスト・ナイツ』を撮っているくらい、うれしいことでした。

 編集者に「どういう写真を撮りましょうか」って聞くと、「あなたが好きな写真を撮ればいい」と言われました。それでぼくは、「でも、好きなことばっかりやっていたって食えないじゃないですか」と言ってしまったんです。するとその方は言いました。「あなたね、それで食えないなら飢え死にすればいいのよ。飢え死にしなさいよ」と。目から鱗が落ちました。本当にその通りです。それでダメだったらもう死んでいいやって思えた。ぼくにとっての最大の転機でした。

――自分と真剣に向き合うことが必要なんですね。

紀里谷:そう。だから逆にいえば、自分のやりたくないものはやらない、信じてないものはやらないと決めてしまった。そこから、ぼくは本当に何が好きなのか、何をやりたいのか、と自分と向き合う作業が始まりました。向き合って出てきた写真、PVも含めた映像が、ぼくのスタイルの礎になったわけです。ありがたいことにそれをやって食えています。

――『ラスト・ナイツ』も死んでもいい作品なわけですね。

紀里谷:はい、今、本当に作品のために死んでいいと思っています。大げさでなく、毎回そう思って作っています。本当に明日死んでもいいんですよ。

【紀里谷和明(きりや・かずあき)】
1968年4月、熊本県生まれ。15才で渡米、米国・マサチューセッツ州のケンブリッジ高校でアートを学んだ後、パーソンズ美術大学で環境デザインを学ぶ。1994年写真家としてニューヨークを拠点に活動開始。その後、ミュージックビデオやCM制作を手掛ける。最近では三代目 J Soul BrothersのPVが話題に。2004年『CASSHARN』で映画監督デビュー。2009年『GOEMON』を発表。『ラスト・ナイツ』でハリウッドデビュー。  

【ラスト・ナイツ】
戦士の時代が終わり、よこしまな政治が栄誉に取って代わろうとしていた大帝国。非道な大臣から賄賂を要求され、断ったバルトーク卿(モーガン・フリーマン)は反逆罪に問われてしまう。死刑判決を下され、斬首を強要されたのはバルトーク卿の愛弟子、騎士ライデン(クライヴ・オーエン)であった。自らの手で、主君を殺めてしまい自責の念にかられるライデン。そして、その憎しみの炎は堕落した権力者達へ報復するある計画へと繋がって行く―。 監督:紀里谷和明 出演:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマンほか。11月14日から全国公開中。

撮影■浅野剛


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
滝田洋二郎、周防正行他 ピンク映画から巣立った名監督多い
安倍首相 政治家になっていなければゴッドファザー4監督も
たけしに産毛そられる? 映画ヒロイン忽那汐里が美脚を披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。