ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペンタトニックス、雨天のラゾーナ川崎に8000人のファンが殺到

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“声”だけで人々を魅了し続ける奇跡のアカペラ5人組=ペンタトニックスが、2014年8月の初来日イベントで5,000人を集客したファンにとっての聖地=神奈川・ラゾーナ川崎に再び舞い戻り、11月14日に最新アルバム「ペンタトニックス」発売記念イベントを開催。雨天にもかかわらず集まった、前回を上回る8,000人のファンを前に熱狂のステージを繰り広げた。

日本でも絶大な人気を集め、世界の舞台でグラミー賞も獲得、そしてアカペラ史上初となる全米1位を記録するなど、大きな偉業を成し遂げ、名実ともに史上No.1アカペラ・グループとして大きく成長を遂げた彼らが、日本のファンへの恩返しをこめて、再び聖地へと戻り、感謝を込めたパフォーマンス5曲を披露した。

降り続く雨さえも感じさせない熱気がラゾーナ川崎プラザに充満する中、イベント開始前から熱狂的なファンが殺到。中央のステージを囲み、前回を上回る8,000人で会場が埋め尽くされた。メンバーの登場を待ちわびるファンの歓声が沸き起こる中、ステージに5人が登場すると盛大な拍手と大歓声が沸き起こり、当日原宿で買ったというシルバーのウィッグを付けて登場した紅一点カースティンが、「こんばんは~!みんな大好き~!」と日本語でファンに呼びかけて久しぶりの再会を喜んだ。

まず1曲目に、彼らが大ファンでもあるマイケル・ジャクソンの楽曲を幼少期から後期まで時代ごとにつないだ6分にも及ぶ「マイケル・ジャクソン・メドレー」を披露すると会場のボルテージは一気に頂点へ。その後、最新アルバム「ペンタトニックス」からの楽曲「ミスビヘイヴィン」でしっとりと聞かせ、「クラックト」では軽快なテンポで会場をさらに盛り上げる。そして今作からのリード・シングルである「キャント・スリープ・ラブ」が始まると、ファンによる最新アルバムのジャケット写真をイメージした光のサプライズ演出が起こり、会場が白、ピンク、青、緑、黄色の5色の光で彩られた美しさとファンの愛にメンバーも感涙。

ラゾーナ川崎ルーファ広場に設置されている巨大クリスマスツリーとの美しい光の競演となった。そして最後は、彼らが世に知られるきっかけとなったデビュー曲「ダフト・パンク・メドレー」を披露。集まったファンとの大合唱とペンタトニックスの“声の奇跡”を見せつける圧倒的パフォーマンスで、計5曲約30分に及ぶステージを締めくくった。その後行われたトークでは、到着してからすぐに原宿の「カワイイモンスターカフェ」を訪れたことや、手羽先などの日本食を堪能しているなど、4度目となる今回の来日を心から楽しんでいるエピソードも披露。また、あらためてファンによる光のサプライズへの感謝と感動を伝え、2度目のラゾーナ川崎でのファンとの再会を心から喜んだ。

最後は、会場につめかけた大勢のファンと一緒に記念撮影を行い、彼らとの再会を誓いつつイベントを締めくくった。

セットリスト
M1.「Michael Jackson Medley|マイケル・ジャクソン・メドレー」
M2.「Misbehavin’|ミスビヘイヴィン」
M3.「Cracked|クラックト」
M4.「Can’t Sleep Love|キャント・スリープ・ラブ」 ※ファンによる光のサプライズ演出
M5.「Daft Punk|ダフト・パンク・メドレー」

関連リンク

ペンタトニックス 海外公式ウェブサイトwww.ptxofficial.com
ペンタトニックス レーベルサイトwww.sonymusic.co.jp/ptx
ペンタトニックス 公式YouTubeチャンネル「PTXofficial」www.youtube.com/PTXofficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP