ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「J-WAVE ベース・ロワイアル」開催、ベースの日に日本を代表するベーシストたちが集結

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベーシストの亀田誠治が提案、記念日として正式登録後初めての「ベースの日」となる11月11日に、恵比寿リキッドルームでベースの日を祝うイベント「J-WAVE ベース・ロワイアル」が開催された。

このイベントは、日本を代表するベーシスト、亀田誠治、KenKen、TOKIE、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)が、それぞれジャンルレスにセッション相手を迎え、一期一会のバトル・パフォーマンスを展開するライブ・イベント。

大きな歓声の中、トップ登場したベーシストは、ハマ・オカモト。オーディエンスに手拍子をリクエスト、クラップに乗せてグルービーなフレーズを弾いていく。

そこに次々とゲストが登場、ドラムス・オカモトレイジ、続いてペトロールズの長岡亮介が加わり、曲がダニー・ハサウェイの「ザ・ゲットー」を演奏。この曲に「低音がめっちゃ好き、待ちわびたベースの日」という歌詞をつけて、会場と大合唱が行われた。

続いて、ズットズレテルズのラッパーの呂布が飛び入りして、ベースの日をセレブレイトするパフォーマンスを披露した。

2組目はKenKen。ステージセンターに威風堂々と立ち、まずは一人きりでベースとラップでパフォーマンス。続いて、ゲストとしてドラム缶をパーカッションとして叩くスティーヴエトウ、蛍光灯を楽器として鳴らすオプトロン伊東の2人を呼び込む。

照明を暗転させ、蛍光灯がストロボのように点滅する中、唯一無二の即興演奏を披露。メディア・アートのような芸術性の高いベース・パフォーマンスを見せた。

3番手はTOKIE。元ナンバーガールのベーシスト中尾憲太郎、ドラムにはtoeそしてThe HIATUSの柏倉隆史を迎えた3人編成で登場した。ベースとベースでアンサンブルができるということを証明したかったとMCで語ったように、重低音が見事に絡み合っていき、グルーヴという言葉では表しきれないようなビートが会場を覆った時、サプライズ・ゲストでDragon AshのダンサーATSUSHIが登場。その得も言われぬうねりに激しくも美しい舞を披露した。

そしてトリはベースの日の発起人、亀田誠治が登場。ゲストにKREVAが登場し、DJに熊井吾郎をフィーチャーした「音色」からスローにスタート。徐々にラップとベースの掛け合いを展開し、会場はヒートアップ。

ラストは、KREVAの「C’mon, Let’s go」と亀田が手掛けた曲、椎名林檎の「丸ノ内サディスティック」のマッシュアップで大いに盛り上がった。

アンコールは、ベーシスト5人よる即興セッション。5本のベースが地鳴りのように会場に響き、それぞれの力を十分に見せつけて、ライブは大団円を迎えた。

なお、ライブの模様は11月18日にJ-WAVE(81.3FM)「BEAT PLANET」(11:30 ~14:00、ナビゲーター:サッシャ)で放送される。

Photo by 上飯坂一

関連リンク

J-WAVEサイトhttp://www.j-wave.co.jp/
J-WAVE YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/user/jwavechannel

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP