ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

萩本欽一が高級車・高級時計への欲を捨てた青島幸男氏の一言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 どんな大物だろうと天才だろうと、人生の中では思い悩み苦しむことがあった。そんな時に光を照らし道を示してくれた恩師の思い出は、今も色鮮やかに心に刻まれている。コメディアンの萩本欽一氏(74)が、そんな恩師たちへ感謝の言葉を綴る。

 * * *
 僕には恩師、恩人と呼べる人がたくさんいるんです。僕の人生が変わる時には、必ず誰かの姿があった。

 人生を変えてくれた第一号はやっぱり(坂上)二郎さん。二郎さんがいなきゃコント55号は生まれなかったもの。ただ、仕事が終わると「じゃあね」とすぐに別れて、一緒に食事もしない関係だった。お互いの領域に踏み込まないと、結成間もなく約束していたからね。

 けど、亡くなる前に病室へ見舞って握手したら「楽しかったよ」といってくれたように感じた。その時、二郎さんっていい人なんだなと思ったし、僕も心から感謝した。最後に気づけてよかったと思いますよ。

 青島幸男さんは人生を変える言葉を下さった。あれはコント55号が猛烈に売れ始め、「ロレックスをつける」「高級車に乗って豪邸を建てる」という夢に向かって突っ走っている時でしたね。

 青島さんから「ピラミッドが1センチ高くなれば大騒ぎだが、欽ちゃんが20億円の家を建てても日本の教科書は変わんないよ」といわれたんです。これを聞いた時に、自分の進もうとする道が違うことに気付いた。

 それからは時計もしていないし、車も走ればいいという考えに変わりました。あの一言がなければ、僕はどこに向かったかわからない。

 作家の野坂昭如さんと雑誌で対談したときの一言も忘れられない。『欽ドン!』が『8時だョ!全員集合』の視聴率を抜いたので守りに入りたくなり、テレビ出演の本数を絞った時期だった。

「テレビでは何度も見ると嫌な人がいる。欽ちゃんはそうじゃないのに、どうして露出が少ないの」といわれたんです。目が覚めたね。あの言葉がなければ「視聴率100%男(※注)」といわれることもなかったと思います。

【※注/『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(フジテレビ系)、『欽ちゃんのどこまでやるの!』(テレビ朝日系)、『欽ちゃんの週刊欽曜日』(TBS系)のレギュラー番組3本が視聴率30%を超え、合計が100%になったためそう呼ばれた】

『欽ドン!』といえば最初大コケしちゃって、半年で降板しようと、責任者だったフジテレビの日枝久さん(現会長)に挨拶に行くと、「欽ちゃんにこの時間帯を10年預ける。半年で終わっても20番組できる。1回ぐらい当たるでしょ」といわれた時も奮起させられたね。

 いつもこうなんです。自分がこっちだと思って前向いて歩いていると、後ろから反対の言葉が飛んでくる。そこで後ろ向きに歩きはじめるとうまくいく。不思議だよね。

 そうしたことには、できるだけ恩返しをしてきたつもりです。だから僕は“恩人”でなく、もらったものを返すつもりで“人恩”といってきた。けど、その中で恩返しできなかった人がいる。それが放送作家のはかま満緒さんなのよ。

 はかまさんは僕を初めてテレビに出してくれた人。自分の関係するテレビに出演させて有名にしてやろうと一生懸命やって下さった。

 けど僕はテレビに出るたびに失敗して怒られてばかり。「テレビには向いていないのかな」と、板の上(舞台)が懐かしくなっちゃった。それで恩を返せないまま浅草に逃げ帰っちゃった。若かったね。申し訳ないことをしたと思います。

 売れっ子になって恩返ししようと思ったころには、今度ははかまさんが「テレビは嫌だ」と浅草に帰っちゃっていたんだよね。オチに使っちゃ申し訳ないけど、ひとつも得しない人にしちゃったのが、今でも悔やまれますね。

●はぎもと・きんいち/東京都生まれ。高校卒業後、浅草を中心に舞台で活動したのち、1966年に坂上二郎とコント55号を結成。2015年春より駒澤大学仏教学部に通う。

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
萩本欽一「丁寧な番組作りはいかりや長介から学んだもの」
萩本欽一 さんまとゴルフ行かぬ理由とたけしとの関係を語る
7億当せん番号の宝くじ持つ萩本欽一 換金せず見せびらかす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP