体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたはどこで働きたい? 2015年に移転・増床した急成長ベンチャーのこだわりオフィスをご紹介!

あなたはどこで働きたい? 2015年に移転・増床した急成長ベンチャーのこだわりオフィスをご紹介!

こんにちは!平成広報女子会です。私たち若手女性広報が、テーマに沿って所属企業の取り組みを紹介するこのコーナー。第3回となる今回はステキなオフィスをご紹介します!

最近はリモート勤務など多様な働き方が増えてきましたが、それでもやっぱり社長と並んで会社の顔となるオフィス。働く場所が快適だと仕事へのモチベーションも上がるものです。今回は、私たち41社の中から今年移転・増床したベンチャー3社のこだわりオフィスを覗いてみましょう。
コンセプトは「コミュニケーション」! 卓球台で社内交流も活性化!

医療・福祉ベンチャーのエストコーポレーション(東京・市ヶ谷)は、今年5月に本社オフィスを移転しました。デザインのコンセプトは「コミュニケーション」です! というのも、前オフィスは社員の増加に伴い増築した結果3フロアにまたがり、交流しにくいという課題がありました。そこで、新オフィスでは部署を超えて気軽にコミュニケーションが取れる環境を作るべく、ワンフロア化したほか、誰もが自由に使えるリフレッシュスペースを設置しました。

一人で集中したい時はカウンター、ちょっとミーティングをしたい時は円卓……、という具合に気分や用途に合わせて選べる様々なインテリアを置いています。独立採算制を採用しているため、なかなか一緒に仕事をする機会がない社員もいるのですが、ここに来れば自然と会話が生まれるようです。

そしてこのエリア最大のポイントが、卓球台。業務時間は机として使用されているのですが、昼休みや夜になるとピンポン玉の音が鳴り響きます。身体を動かすことでストレス発散になるだけでなく、周りで仕事をする社員にも「この音があると集中できる」と意外と好評です。

代表の清水の意見で、お客様への「おもてなし」にも力を入れています。エントランス・会議室エリアはカジュアルな執務エリアとは一転して、黒が映える高級感漂う内装となっています。会議室エリアへと続く曲線が清水のこだわりです。私たちも商談に向かう際には自然と背筋が伸びます。

ちなみに、お客様には未開封の綿100%おしぼり(柑橘系の爽やかな香り付き!)を、夏は冷やして、冬は温めてお出ししています。青汁や特保コーラ、グループフルーツジュースといった健康に良い飲み物も用意。ヘルスケア企業ならではの「おもてなし」もポイントです♪
小窓には国の文化財を使用! 木が香る居心地抜群な和風オフィス

会員制の宿泊予約サイト「relux(リラックス)」を運営する、Loco Partners(ロコパートナーズ 東京・新橋)。2015年3月に移転したばかりのオフィスは、「Village(村)」をコンセプトにデザインしました。木をふんだんに用いた、和のテイストあふれる空間に仕上がっています。

コンセプトの「Village」には、居心地のいい環境で、スタッフの生産性と創造性を高めたいという想いが込められています。そこで、通常の執務エリアのほかにも、誰でも自由に行き来ができるカラフルな「PARKエリア」を設けました。日差しと木の香りの中でランチを食べたり、PCを広げて仕事をしたりとまさに自由な空間です。

「PARKエリア」の壁面には、大きなパネル「ETERNAL PINE」も配しました。「縁を保つ(たまつ)」という意味を持つ松(PINE)のモチーフが「お客様」「宿泊施設様」「Loco Partners/relux」の三者の良縁を、多彩な日本の伝統色が人や地域の多様性を表しています。よく映えるので、イベントの記念撮影はいつもこのパネルの前でおこなわれます。

1 2次のページ
キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy