ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コブクロが三田祭前夜祭にライブ出演、学生達の“未来”にエール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コブクロが三田祭前夜祭にライブ出演、学生達の“未来”にエール

慶応義塾大学 第57回三田祭前夜祭
12月16日にシングル「未来」をリリースするコブクロが、11月14日に、5年ぶりに学園祭ライブに出演した。2010年に東京・青山学院大学、大阪・関西大学の2箇所にて学園祭に出演して以来、実に5年ぶりの東京・慶應義塾大学、大阪・関西大学(11月3日にて実施済み)の2箇所で学園祭に出演。

メンバーが颯爽と登場し、大ヒット曲「流星」からライブがスターとすると、観客はいきなり総立ち状態に。ソチオリンピック・パラリンピックNHKテーマソング「今、咲き誇る花たちよ」「hana」とヒット曲を次々と披露し、会場のボルテージは序盤から最高潮に達していった。

MCではいつものコブクロ節を披露。ホテルで隣同士の部屋に宿泊した際に、黒田が小渕の携帯スピーカーにBluetooth接続し、隣の部屋から遠隔で音楽を流すといういたずらのエピソードに、学生達は大ウケ、爆笑と歓喜につつまれる。

ヒット曲「風」では、楽曲ラストでメンバー2人のみで楽器もマイクをつかわずにアカペラで披露。静まり返った会場内に2人の歌声だけが響く幻想的な時間にしばし息を飲み、歌が終わり深々とお辞儀をする2人に、会場中から割れんばかりの拍手が沸き起こった。

「轍」「Summer rain」「神風」とアップナンバーを連続披露、会場は総立ち、テンションは最高潮に。アンコールでは、12月16日発売のシングル「未来」を披露。「未来」は原作コミックス累計280万部を越す超人気作品の映画化、12月12日公開の土屋太鳳 ・山﨑賢人共演映画「『orange-オレンジ-』」主題歌として書き下ろした新曲で、学生達の“未来”を照らすような、優しいライブとなった。

アンコールラストは、「YELL」を力一杯歌唱し、集まった4500人の学生達にエールを送る形で、5年ぶりの学園祭ライブは幕を閉じた。

慶應義塾大学 第57回三田祭前夜祭
コブクロ × KEIO 〜若き蕾よ、花開け〜セットリスト

1.流星
2.今、咲き誇る花たちよ
3.hana
4.光
5.手紙
6.赤い糸
7.風
8.轍
9.Summer rain
10.神風
EC1.未来
EC2.YELL

関連リンク

コブクロ オフィシャルサイトhttp://kobukuro.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。