ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 6Pのブートローダーは「fastboot oem unlock」ではアンロックできない。代わりに「fastboot flashing unlock」を利用する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nexus 6P のブートローダーをアンロックする際に、従来の「fastboot oem unlock」は利用できず、代わりに Android 6.0 で追加された「fastboot flashing」コマンドを利用しなければならないことが判明しました。従来、Nexus のブートローダーをアンロックするには「fastboot oem unlock」を利用していました。Nexus 5X でもこのコマンドは機能するのですが、Nexus 6P の場合だとコマンドを実行すると「FAILED(remote unknown code)・・・」とエラーになります。そこで、Nexus 6P でブートローダーをアンロックするには「fastboot flashing unlock」を利用します。Fastboot モードでこのコマンドを実行すると、「Yes」「No」の画面が表示されるので、後は従来と同じく「Yes」にカーソルを合わせて電源ボタンを押すとアンロックされます。Nexus 6P では「fastboot flashing unlock_critical」コマンドも同様にブートローダーをアンロックできます。このコマンドはブートローダーの書き換えも可能にするコマンドです。通常は「fastboot flashing unlock」で良いでしょう。ちなみに、Nexus 5X は「fastboot oem unlock」でも「fastboot flashing unlock」のどちらでもアンロックできます。このほか、ブートローダーを再ロックするには「fastboot flashing lock」または「fastboot flashing lock_critical」が利用できます。Android 6.0 では今後、「fastboot flashing」コマンドが主流になると見られので、ROM 焼き愛好家さんたちは覚えておくとよいと思います。Source : XDAAndroid Police

■関連記事
NTTドコモ、「Galaxy S5」「Galaxy S5 Active」のアップデートを開始、ビデオコール時の問題に対処
Xperia Z6の噂が浮上、Snapdragon 820を搭載するらしい
Google、移動時間の予測技術を外部のアプリに開放

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP