ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大竹しのぶが失敗談や芸能人らとの思い出を綴った初のエッセイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『まあいいか』大竹しのぶ/朝日新聞出版/1620円   亡き忌野清志郎、井上ひさし、中村勘三郎との思い出。母の介護や、娘のIMALUを留学させたことなど家族の話。

 バリ島で登山をして美しい朝日を見た経験、風呂の水が自動で止まると思い込み、ロンドンのホテルを水びたしにした失敗談といった旅先での思い出。

 仕事に取り組む真摯な姿勢など、女優・大竹しのぶが日々の生活で感じたことを綴る。温もりのある文章とエピソードが明るい気分にしてくれる。

※女性セブン2015年11月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
今年も現役続行の三浦知良(43)新刊『やめないよ』を発表
大竹しのぶ 女優・ハリセンボン近藤春菜の演技力を絶賛
「お江」主人公・上野樹里 馬に友達のように話しかけていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP