ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国・台湾「反日同盟」結成で暗躍する「星雲大師」の正体は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の習近平国家主席と、台湾の馬英九総統が11月7日、シンガポールで首脳会談を行なった。この中台首脳会談の日本への影響は、計り知れない。中国の膨張を手前で食い止めてきた台湾が、もし中国に呑み込まれれば、日本は危機的状況に追い込まれることになるからだ。その歴史的事件の“仕掛け人”が、台湾で知らぬ者はない「超大物宗教家」だという。

 この人物こそ台湾の高雄市に総本山を置く佛光山寺の開祖である李国深氏、通称“星雲大師”である。

 彼は1927年に中国江蘇省揚州に生まれ、12歳で仏門に入り、1949年に蒋介石軍とともに台湾に渡った典型的な外省人である。1967年に佛光山寺を開山し、1992年に教団組織として「国際佛光会」を発足。ここ10数年で教団は急激に成長し、公称信徒は日本を含め約300万人、教団所属の僧侶は世界中に1500人いるとされる。台湾でも有数の巨大教団で、星雲大師は88歳となった今もトップに君臨している。

 星雲大師は国民党の党員で、党の顧問や中央評議員も務めた経験があり、中台双方の政治家に幅広い人脈をもつ。中国にも講演などで頻繁に渡り、両岸交流にも非常に熱心だ。

 中国国営メディアの人民網(2013年2月28日付)では、大師と習氏が会談したことを大きく報じ、〈大師は「浙江省で2006年に習総書記にお会いして以来、私たちは古い友人同士なのです」と笑顔で答えた〉と伝えている。

 彼が会談の仕掛け人と目される理由について、元警視庁通訳捜査官(北京語担当)で中国情勢に詳しい坂東忠信氏はこう語る。

「僧侶なのに非常に政治的な発言が多く、台湾では“政治和尚”というあだ名もつけられているほど。馬総統とも親しく、習主席とも何度も会談している。両者に歩調を合わせるように『中台統一』を主張し、中台首脳会談についても、馬総統に『ぜひ行なうように』と後押しする発言を繰り返してきました」

 星雲大師は、かつて「台湾に台湾人はいない。みな中国人だ」と発言している。そうした考えを背景に、馬総統と習主席の両者と直接的な人脈をもつからこそ、中台の要人たちがこぞって彼を頼ることになるのだ。

 中国国営の新華社の報道(2014年6月28日付)によれば、首脳会談の折衝のために訪台した中国国務院台湾事務弁公室の張志軍氏は、訪台3日目にわざわざ佛光山寺を参拝し、星雲大師と会談をもったという。張氏は今回の中台首脳会談を実現させたキーパーソンのひとりである。

 張氏は「中国と台湾の人々が家族の情と知恵をもって問題を解決できるよう願をかけた」と語り、以前、北京でも星雲大師と会談したことを明かしている。また、台湾メディア・聯合報の取材に、星雲大師は、「今回の張主任の来訪で最も重要な意義は、『親戚訪問』にある。両岸は本来一つの家族だった。本来ならばもっと多く往来すべきだ」と語っている。

 中国では宗教は禁止され、法輪功やチベット仏教への凄まじい弾圧は誰もが知るところだが、台湾の僧侶と中国の外交官という組み合わせには違和感を覚えざるをえない。

 馬総統の心酔ぶりも台湾メディアが伝えている。聯合報(2015年2月1日付)によると、支持率低迷や景気問題などの難題を抱え、〈心の旅に出た〉馬総統は、最初に佛光山を訪れ、師に教えを請うたという。星雲大師は「習・馬会談の成功を願っている」と述べ、馬総統は「大師からたくさんのことを教えていただいた」と語っている。

 宗教家が国家外交に影響を与えているという点で、病気を治す不可思議な力で信仰を集め、ロシア皇帝夫妻の側近となったラスプーチンすら想起させる。

 中台首脳会談前日の11月6日、星雲大師は首脳会談の実施を最大級に絶賛し、「中国と台湾間の平和への貢献が評価され、ノーベル平和賞が馬英九さんに授与されるよう願っている」との声明を発表している。馬氏も面映ゆいだろう。

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香港で中台首脳会談計画浮上 習主席、馬総統双方の思惑一致か
胡錦濤前主席の引退後の生活明らかに 中台首脳会談に関心も
李登輝氏 続けても恥かくだけだから馬英九総統は辞任すべし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP