体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコニコ動画きっかけに漫画家へ 『するめいか』作者・ルーツ先生に話を聞いてみた

『するめいか』作者 ルーツさん

 ニコニコ動画で漫画が読めるサービス「ニコニコ漫画」で、2011年6月15日から漫画『するめいか』の連載が始まっている。この作品の作者は、ニコニコ動画への動画投稿をきっかけに漫画家としてデビューした「ルーツ」さんだ。

 ルーツさんは、大学在学中に自作のゲームをプレイする「ゲーム実況」と呼ばれる動画などをニコニコ動画へ投稿していたことがきっかけで出版社「幻冬舎」から声がかかり、「幻冬舎コミックス」発行の「月刊コミックバーズ」で漫画『するめいか』を連載することになったという経歴を持つ。

 『するめいか』は女子高生4人が織り成す日常を描いたギャグ漫画。2009年4月から「Webマガジン幻冬舎」で連載を開始し、同年7月からニコニコ動画に自主制作アニメ版の『するめいか』が公開され人気に火がついた。同年11月からは「月刊コミックバーズ」に移動し、現在も連載が続いているが、ニコニコ動画でも出版社公認のもとで連載が開始された。

 コミックスの2巻が6月24日に発売され、今勢いに乗っているルーツさんと『するめいか』。そこで、物語の舞台ともなっている東京・亀戸の自宅兼仕事場にうかがって、ルーツさんが『するめいか』という作品にかける思い、そして漫画家としての原点であるニコニコ動画について、話を聞いてみた。

ルーツさんの作業風景

――まず始めに、漫画を描こう、漫画家になろうと思ったきっかけを教えてください。

 中学生の頃にずっと友達が漫画を描いていて、それが本当に下らなくって面白くって、じゃあ自分もやってみようって感じで始めたのがきっかけですね。

 本格的に描き始めたのは大学に入ってからです。ニコニコ動画でゲーム実況の動画を投稿してたら、それを見た出版社(幻冬舎)の人が「おもしろいな」って声をかけてくれた。「このまま普通に就職してたら面白くない」とちょうど思っていた時だったんで、本当にタイミングというか運が良かったんです。

――出版社から声がかかった時どう思いましたか?

 本当に嬉しかったです。でも、はじめは「Webマガジン幻冬舎」で漫画を連載したんですけど、まったく盛り上がらなかった(笑)。それで、せっかくニコニコ動画をきっかけに声をかけてもらったんで、連載していた漫画を自分でアニメ化して週に1本(ニコニコ動画で)公開してみようと思って。そしたら結構勢いがついた感じですね。

――動画への反応やコメントとか見てみてどうでしたか?

1 2 3 4次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会