ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝修理担当社員の対応に不満の客「お前も粉飾してるだろ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東芝、三井不動産、旭化成、フォルクスワーゲン……最近、不祥事で名前が挙がるのは、どれも一流企業ばかりだ。

 そこで働く社員たちは当然、「一流企業に勤めるサラリーマン」であることに誇りを持っていたはず。だが、たったひとつの不祥事でプライドは打ち砕かれ、さらに年収減やリストラなどで恵まれていた生活までもが脅かされ……。社員たちの悲哀を聞いた。

 6年間で1562億円もの粉飾決算を行なっていた問題で、旧経営陣3人が提訴された東芝の社員たちは、半ばパニック状態に陥っているようだ。

「結婚5年目。子供もできたし、そろそろマイホームを買おうかと思っていた矢先にこの問題が起きた。今後は当分ボーナスも出ないだろうし、下手をすると今いる部署が外資に売り払われて、東芝の社員でいられるかどうかもわからない。

 同じようにマイホームを考えている同僚のなかには『この先はローンを組めなくなる』と急いでマンションを買ったヤツもいるし、いったいどうしたらいいのか……。時々、仲間と飲んでグチを言い合うけど、行くのは安い立ち飲み屋がせいぜい。『肩たたきがあるんじゃないか』など暗い話題ばかりで、いつも悪酔いしている」(35歳東芝社員)

 幹部社員は暴落した東芝の株価についてこうボヤく。

「めったに連絡してこない親戚から電話があり、『東芝株を持っているのに、これじゃあ含み損だ。どうしてくれる』と激怒された。社内では若い社員からしょっちゅう『自社株を売るかどうか』の相談を受ける。こんな底値なのに自社株を売るなんて……と情けなくなるが、まるで沈む船から逃げ出すネズミみたいだ」

 それ以上に心労が絶えないのは、現場で直接顧客に接する機会の多い修理サービス担当部門の社員たちだ。

「本来は家電販売店からの依頼が多いが、なぜか最近はお客様が直接持ち込みでやって来ることが増えた。そして、こちらの対応が少しでも気に入らないと、『だから東芝なんだ』『お前も粉飾してるだろう』などといって怒り出すんです。話がとにかく長いし、こちらがちょっとでも表情を変えると『なんだその態度は』とますますエスカレートする。1人対応するだけでも疲れ果てますよ。

 保証期限が切れているのに『東芝が偉そうなことを言うな』とゴリ押しするお客様も増えました。今は修理サービスより、お客様のストレス解消の担当窓口みたいになっている」(52歳東芝社員)

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ネスレ社の“バージンロード”入社式 新入社員の発案だった
東芝社員1100人が競合ソニーに転籍 本人たちに選択権なし
日立の統合相手は東芝が「案外しっくりいく」と大前研一氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。