体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫が飼い主にみせる「10の愛情表現」(イラスト)

自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。

Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れている愛情表現をとことん分析!あらゆる仕草に込められた意味を解説しています。

もしかしたら、愛猫について今まで気づけなかった一面が見えてくるかも…。参考にしてみては?

01.
足をモミモミしてくる!

猫が飼い主にみせる「10の愛情表現」(イラスト)

両前足を交互に動かしては、プニプニと柔らかい「肉球」部分で足を揉んでくることがある。それは、「愛してる」と言っていることと同じなのだそうだ。

が、PetMDにもあるとおり、その想いは飼い主に対してなかなかストレートに伝わらない。

たとえば、愛する猫ちゃんをももにのせてナデナデしているとしよう。彼らは愛情をあなたに伝えようと足を一生懸命揉んでくれるのだが、いかんせん爪があるため愛情が深ければ深いほど飼い主へのダメージも大きくなってしまうのだとか!

02.
プレゼントをくれる

猫が飼い主にみせる「10の愛情表現」(イラスト)

猫を飼っていると、小さなおもちゃを足元に運んできてくれることがある。それが小動物の死骸だったりして驚くこともあるが、彼らにとっては愛情を込めたプレゼントなのだ。

動物の行動分析に詳しいAmy Shojai氏によれば、猫は贈り物をするのが大好き。ハンターでもあるため、様々な昆虫や動物を愛情表現の一環として捧げてくれるという。

むしろ、何も持ってきてくれない場合のほうが心配かもしれない。

03.
頭突きでグリグリしてくる

猫が飼い主にみせる「10の愛情表現」(イラスト)

これは、「信用してるニャ」というメッセージ。Mother Nature Networkによれば、猫の体にはいくつか"腺"が集中している部位がある。

それは、体全体や頬、頭にあり、そこから出ている匂いを相手にこすりつけることで"家族の一員"として印づけを行っているという。

04.
ジーっと見つめてきた後に…

猫が飼い主にみせる「10の愛情表現」(イラスト)
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会