ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕事帰りに見たい♪「名古屋テレビ塔」のプロジェクションマッピング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今にも飛び出しそうなCG映像を建物や壁に映し出す、近年話題のプロジェクションマッピング。 名古屋テレビ塔のスカイデッキでこちらのプロジェクションマッピングを楽しむことができます。

名古屋市中心部にあるので仕事帰りにも行けますね。平日でも美味しい食事とお酒も一緒に冬のキラキラを楽しんでみてはいかがですか?

1. 名古屋テレビ塔 スカイデッキ

市内の夜景をキャンバスに名古屋テレビ塔に華やかな光物語が展開。


屋内展望台の三方向に映像を投影。リアルの世界とバーチャルの世界が融合した幻想的な世界を楽しむことができます。それぞれ物語が違うのですべてチェックしよう!

CITY LIGHT FANTASIA by NAKED
開催日/2015年11月20日(金)~2016年2月14日(日)
点灯時間/日没~22時(予定)

東京駅のマッピングを手がけたクリエイティブチームによる光と映像を駆使したイベントが、夏に続いて再び登場。冬は「スカイアクアリウムー星空の水族館ー」をテーマに、空飛ぶシャチやクリスタルの建物などが地上90mの展望台の窓に浮かび上がります。市内の夜景と相まってステキ♡ 名古屋テレビ塔 スカイデッキ
TEL/052-971-8546(名古屋テレビ塔)
住所/名古屋市中区錦3-6-15先
営業時間/10時~22時(入場は~21時40分) ※1月~3月は~21時(入場は~20時40分)
定休日/期間中なし
料金/入場大人700円(マッピング開催時は特別料金)
アクセス/電車: 地下鉄桜通線・名城線久屋大通駅4B出口よりすぐ、地下鉄東山線・名城線の栄駅3番出口からもすぐ!名古屋駅からならバス「メーグル(210円)」の利用がお得
車: 名古屋高速錦橋出口より10分
駐車場:なし

「名古屋テレビ塔 スカイデッキ」の詳細はこちら

2. ウルフギャング・パック レストラン&カフェ

名古屋テレビ塔のすぐそばのラグジュアリーな空間でカリフォルニア料理を堪能。

こちらのコース料理は要予約。お肉もソースも美味♪


市内の夜景が楽しめる、2階のバーラウンジが人気。プロジェクションマッピングの余韻に浸りつつお酒を楽しみましょう。

名古屋テレビ塔より徒歩5分。
世界的に有名なシェフ、ウルフギャング・パック氏がプロデュース。夜景を眺めながらディナー4093円~を。12月はクリスマスコースも登場予定。 ウルフギャング・パック レストラン&カフェ
TEL/052-957-5755
住所/名古屋市東区東桜1-13-2
営業時間/11時~23時
定休日/第1・3月
アクセス/地下鉄栄駅4番出口より徒歩3分
駐車場/共用駐車場600台(有料)
「ウルフギャング・パック レストラン&カフェ」の詳細はこちら

3. NAGOYAアカリナイト2015

名古屋テレビ塔のすぐそば!にぎわう栄の中心地がイルミで華麗におめかし。


名古屋テレビ塔前の久屋大通公園を色とりどりの光で華やかにライトアップする。(写真は昨年のイメージです)
いつもの公園の景色がロマンチックな光景に変化します。あったかいコーヒーと一緒にこちらでゆっくりするのもいいかも。(写真は昨年のイメージです。)

名古屋テレビ塔を中心に久屋大通公園一帯が光り輝く。公園内を流れる川沿いを青色電球で飾るほか、デザイン行灯などが展示されます。 NAGOYAアカリナイト2015
TEL/052-971-8546(名古屋テレビ塔)
住所/名古屋市中区錦3-6-15先(名古屋テレビ塔周辺一帯)
営業時間/定休日/料金: 観賞自由
アクセス/地下鉄栄駅3番出口よりすぐ
駐車場/なし
「NAGOYAアカリナイト2015」の詳細はこちら

まとめ

名古屋テレビ塔を楽しみつつ、近くで食事をしたり一緒にイルミネーションを楽しむプランを紹介しましたがいかがでしょうか?土日はもちろんですが、これだったら平日のお仕事帰りでも楽しむことができますね。

週の半ばの水曜日など、少し疲れてきたなという時など、名古屋テレビ塔のプロジェクションマッピングを楽しんでリフレッシュしてみてはいかがですか?美しさの余韻に浸りつつラウンジバーでお酒を飲んでほろ酔い気分で帰路につきましょう。

※この記事は2015年11月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

駅から8分以内!名古屋市内のイルミネーション5選
静岡で年末年始に楽しめるイルミネーション7選
【中国エリア】ICから30分以内!週末行ける紅葉名所13選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP