ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シンプルな人生を送るために、捨てるべき「7つのコト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ジョン・キム

作家

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込まれてしまうだろう。

本当に必要なのは「本質」のみ。私たちは、捨てて、辞めて、離れる勇気を持たなければならない。

01.
自分の外にあるものに頼る気持ちは捨てよう

自分の外にあるものに頼る気持ちがある限り、自分の内なる力は表れてこないものだ。真の成果をもたらすものは、いつだって内なる力なのだ。

02.
世の中はグラデーション。白黒思考は捨てよう

性急に白黒を決めつけようとしないこと。状況によって、白が黒になったり、黒が白になったりするものだ。絶対的な真実や正義はそうないものだ。

03.
WORKのためにLIFEを犠牲にしない

仕事に追われ、生活をおろそかにしてはならない。理想は、LIFEを追求した結果、WORKになる生き方や働き方を実践することである。仕事を好きになるのもよいが、好きなものを仕事にするのはもっとよい。

04.
本質以外は、捨てて、辞めて、離れよう

本質を貫いた先には、シンプルな人生が待ち受けている。本質を貫くためには、捨てる勇気、辞める勇気、断る勇気、そして離れる勇気が必要である。これらを怖れてはならない。大切なものを守るためには、必ず必要なことなのだから。

05.
自分が行動できないことに対する論評は避けよう

傍観者になってはならない。批評家になってはならない。常に当事者意識を持つことだ。問題を語ることは誰でもできるが、問題解決に向けて行動することは誰にでもできることではない。行動できないことについて、人間は沈黙すべきである。

06.
自分を変える可能性を過小評価せず、他人を変える可能性を過大評価しない

人は、これとは逆に考える傾向がある。だから、自分を変えようとせず、他者を変えようとする。

07.
自己の短期的な変革可能性を過大評価せず、長期的な変革可能性を過小評価しない

人は、自己の短期的な変革可能性については過大評価するが、長期的な変革可能性については過小評価するものだ。しかし、真実はその逆側にある。

関連記事リンク(外部サイト)

あなたは「本当の恋愛」をしたことがありますか?
他者に依存しないで生きる、あなたへ「5つのメッセージ」
社会とうまくやっていくための「8つの考え方」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP