ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雪の結晶をモチーフに!品川に出現した「スノウアクアリウム」が素敵すぎる・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

かの有名な、東京駅3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」を代表作とする株式会社ネイキッド。独創的な空間演出により、通算100万人以上を魅了してきた彼らとエプソン アクアパーク品川との初のコラボレーションが実現し、注目を集めています。

都会のど真ん中に現れた
“氷のアクアリウム”

この「SNOW AQUARIUM by NAKED」は、音・光・映像と生物が融合した都市型エンターテインメント施設「エプソン アクアパーク品川」に、冬ならでの水族館の楽しみ方を創出したもの。

プロジェクションマッピングをはじめとする、さまざまな演出や技術が組み合わされ、キラキラ光る水と光の世界を館内全体で体感できるイベントとなっています。

【パークエントランス】

光の結晶をモチーフにしたオブジェと水槽とのコラボレーションマッピングで、スノウアクアリウムへの入り口を演出。氷の万華鏡をイメージしたNAKEDのアートワーク「スノウカレイド」が、壁一面に。

【フローズンコーラルゲート】

壁面と天井に敷き詰められているのは、氷の世界のフラワーオブジェ。プロジェクションマッピングによって光り輝きながら、この先にあるフローズンバーへと誘います。

【フローズンバー】

滝がマッピングされた階段を降りると、キラキラした氷に包まれるフローズンバーが出現。水槽が見えるカウンターには、氷の体感をより楽しめるインタラクションを用意。ドリンクを置くことでキラリと結晶が広がる演出とともに、オリジナルカクテルを楽しむことができるのだとか。

【アクアジャングル】

スワロフスキー®・クリスタルで彩られた木に囲まれ、ツチボタルが輝く演出を施したのは、淡水魚や爬虫類たちが展示される、ジャングル空間。夜のジャングルに放たれるツチボタルたちの輝きは、やがて光の滝から水のカーテンへと形を変え、結晶化していきます。最終的には、雪が降り始め、スノウドームに入ったような幻想的な体験が楽しめることに―。

この他にも、お馴染みのイルカのパフォーマンスだって“冬仕様”に変貌するのでお楽しみに。ぜひ、冬だからこそ楽しめる新たな水族館の魅力を体感してみては?

【開催概要】
「SNOW AQUARIUM by NAKED」
・期間:2015年11月14日(土)~2016年4月10日(日)
・会場:エプソン アクアパーク品川(東京都港区高輪4-10-30)
・営業時間:10:00~22:00 ※最終入館は、閉館時間の1時間前
・料金:大人(高校生以上)2,200円、小・中学生1,200円、幼児(4歳以上)700円
・公式HP:http://www.aqua-park.jp

参照元:PR TIMES

関連記事リンク(外部サイト)

スタジオジブリのタトゥーが海外で大人気!
動く!踊る!ディズニーが開発した「3D塗り絵」(動画あり)
北朝鮮の女性の写真を撮り続けたら、あるコトに気がついた・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP