ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ドローンのための“空中ナビアプリ”がついにアメリカで誕生!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Hivemapperのスクリーン画面サンプル

昨今、空撮や災害調査、農薬散布など、民間用途でも活躍の場が多様に広がっているドローン(無人航空機・UAV)。

amazon.comの「Amazon Prime Air」やGoogleの「Project Wing」など、商品配送にドローンを活用しようとする動きも活発になってきた。

・ドローン専用ナビアプリ「Hivemapper」

そこで、より安全で快適なドローン飛行をサポートすべく開発されているのが、ドローン専用ナビゲーションアプリ「Hivemapper(ハイブマッパー)」だ。

「DJIファントム3」など、中国のドローンメーカーDJIの一部の機種に対応しているほか、2015年11月5日、Android対応アプリとしてもリリースされた。

Hivemapperの飛行禁止区域を示すマップ

すでに、サンフランシスコ・シカゴなどの大都市圏を対象に、建造物や橋、アンテナといった障害物のデータ2000万件と、空港をはじめとする1万6000地点の飛行禁止区域の情報を収集。

リモートコントローラーやスマートフォンの画面では、ドローンの進行方向の眺望が、これらの情報とともに、三次元マップで、リアルタイムに映し出される仕組みとなっている。

・投資家も注目のスタートアップ企業

Hivemapperの先進的な取り組みは、ベンチャー投資の対象としても高く評価。

TwitterやTumblrらも参画する「Spark Capital」が300万ドルを出資したほか、グーグル傘下のGoogle Venturesなどが、資金を投じている。

・ドローンユーザーの裾野が、ますます広がる?

米連邦航空局(FAA)によると、米国では、2015年のクリスマスシーズンだけで、ドローンの販売台数が100万台を超える見込み。

ドローン本体のみならず、Hivemapperのような、ドローン飛行を安全に楽しむためのツールが整うことで、ユーザーの裾野がさらに広がっていきそうだ。

Hivemapper

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。