ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

100歳の現役言語学者「60歳で失敗してもまた始めればいい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年3月に100歳を迎えた川崎桃太氏は現役の言語学者だ。16世紀のポルトガル人宣教師、ルイス・フロイスが、織田信長や豊臣秀吉が天下を治めていた戦国時代の日本を描写した書籍『日本史』の翻訳・研究の第一人者である。

 いま、ドラマや小説で描かれる信長や秀吉のイメージは、川崎氏の研究成果によるところが大きい。今年6月には、約2年がかりで執筆した『フロイスとの旅を終えて今想うこと』(三学出版刊)を出版。一区切りをつけた。

 フロイスの『日本史』との出会いは衝撃的だった。1974年、普通の人なら退職が迫り、第二の人生を迎える59歳の頃である。

 当時、川崎氏の専門である言語学とは別の目的で訪ねていたポルトガル王宮図書館の古文書の中から、『日本史』の写本を偶然発見した。これは翻訳して世に知らしめる価値があると感じたが、1549年から1593年までの44年分の記録のうち、1583年から1587年までの5年分が欠けていた。

「『これでは全訳は無理だ』と一時は諦めかけた。しかし、滞在中に王宮図書館でボヤ騒ぎがあったので、仕事場を国立中央図書館に移したんです。すると、たまたまそこの書庫に欠落部分が保管されていた。まるでフロイスが私に翻訳されるのを待っていたかのように感じました」(川崎氏、以下「」内同)

 後日談ではあるが、書斎のソファに取材用のボールペンを忘れた記者のもとに、京都市山科区の自宅まで出向いた労を労う手紙とともにボールペンが送り届けられてきた。

 川崎氏にすれば当然のことをしただけなのかもしれないが、恐縮するとともに、真摯な生きざまに「長い人生で道を踏み外すことはなかったのか」という疑問が浮かんだ。後日電話でそのことを尋ねてみると、「ありませんねえ」ときっぱりと否定された。

 クリスチャンである川崎氏の現在の日課は、書斎でラテン語の聖書を静かに読むことだという。キリスト教に対する厚い信仰心と健康長寿は無縁ではないと語る。

「信仰心を持つことで平和やゆとりが生まれました。大病を患った頃は100歳まで生きられるなんて思いもしませんでしたが、こうして元気で研究にも邁進できている。『生きている』のではなく『生かされている』と強く思うようになりました。

 生かされる命である以上、自分の使命は何か常に考えます。年老いたからといってサボったり、健康これ幸いとただ漫然と日々を過ごしたりしたくはありません」

 前述した新著は『日本史』の要点をまとめた1部と、現代の日本社会に対して感じたことを綴った2部で構成されている。

「フロイスの眼を借りて見た戦国期の日本は、殺伐としており殺生も繰り返され、さらにいえば江戸時代までキリスト教徒は迫害され惨殺されてきた。信仰の自由があり、戦争のない日本がどれだけ幸せなのかを我々日本人に伝えたいという思いがありました」

 100歳の人生は、研究を「好き放題」してきた人生。そこから得ている教訓とは何だろうか。

「私は60歳から新しいことを始めた。それが40年もの時間をかけられるほど熱中できることだったんです。人生に遅すぎるということはないのだなあ、と感じました。もう60歳だから、70歳だからと嘆く必要はなく、生かされている命には必ず意味があると思います。失敗したとしても、またそこから始めればいいだけだと思いますよ」

 今後も命ある限り、執筆活動を続けて人の役に立ちたいと願う。信仰心に裏打ちされたその思いこそが長寿の要かもしれない。

※週刊ポスト2015年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フローズンヨーグルトや野菜など ヘルシーなアイスが人気
信長・秀吉らのイメージに影響与えた100歳言語学者の長寿法
松岡茉優 「ダンソン」封印で賞レース挑むバンビーノに太鼓判

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。