ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉本新喜劇の舞台セット 老若男女が一目でわかるデザインに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1959年に「吉本ヴァラエティ」として始まった吉本新喜劇は、今年で誕生から56年を迎えた。“聖地”大阪のなんばグランド花月(NGK)では毎週新作が発表されるが、それには表舞台に立つ芸人たちだけでなく、裏方たちの活躍も欠かせない。

 そのひとつが舞台セットの担当者たち。新喜劇の舞台は、子供からお年寄りまで幅広い世代が一目でわかるデザインが鉄則。絵はリアリティを追求するのではなく、アニメのように鮮やかでシンプルな色で見せて、演者が目立つようにしている。

 スタッフは、劇場の営業が終わる21時以降にセットを運び、深夜まで建て込みをして最終仕上げをする。

撮影■久保博司

※週刊ポスト2015年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
吉本新喜劇の衣装 芸人ごとに整理された数万着の中から選択
吉本新喜劇 空席が目立った80年代は若手とベテランの間に壁も
吉本新喜劇 「後進を育成するのも座長の役目」と池乃めだか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP