ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寝相でわかる、愛犬の性格。仰向けに寝る犬は・・・(イラスト)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人見知りする犬から、人懐っこい犬まで。人間同様、犬の性格も十人十色ですよね。
うちの子の性格をもっと知りたい!という方にオススメなのが「Little Things」に掲載されている犬の寝相診断。ライターのPhil Mutz氏によると、寝ている時が一番無防備なため、寝相に性格が表れやすいのだとか。

01.
楽天家で、飼い主に忠実
横向き

横向きに愛犬が寝ている場合、居心地がいいと思っている証拠だと「Dog’s Best Life」は伝えます。家族のことをとても信頼しているのです。
この姿勢で寝る犬は楽天家で、飼い主に忠実になる傾向が高いようです。

02.
やさしい性格の表れ
尻尾を丸める

足を自分のカラダの下に入れて、尻尾を丸めてギュッと丸まった形の寝相。
BowWow Times」によると、犬は丸まって寝ることでカラダを温め、手足やお腹などの大切な部分を保護しているのだとか。
この姿勢をとる犬は気楽で、穏やか。そしてやさしい性格の持ち主に多く見られるのだとか。

03.
常に元気いっぱい
カラダを広げたスーパーマン

両手足を地面に広げて、まるで空中を飛ぶスーパーマン。この格好で寝る犬は、とにかく元気いっぱいだと「Dog’s Best Life」は紹介します。
なんでも、目が覚めた時にすぐに飛び跳ねて遊べるようにと、この姿勢をとっていると言われています。

04.
のんびり屋さんで怠け者?
仰向けで足の向きがバラバラ

この寝相はちょっと変!と思うかもしれませんが、ご心配なく。犬にとって仰向けで寝ることは無防備で、とっても危険なポーズ。それだけに、安心していることの表れなのです。
NextGen Dog」は、この姿勢で寝る犬はのんびりしていて怠け者が多いと伝えます。

05.
人見知りが激しい
おなかを丸めてうつ伏せ

お腹をうつ伏せにして寝る犬は、リラックスできていないと「Dog’s Best Life」。この体勢で寝ている時は、カラダの筋肉を多く使っているので深い眠りに入りづらいと言われています。
この格好で寝る犬の特徴は、やさしい一方で臆病者。内気な性格を持っているそう。

06.
自分に自信アリ
まるで気絶したような格好

床やベッドを背にして寝る犬。この格好は特に夏場によく見られ、効率的にカラダを冷やす効果があるそう。
ちょうど上の画像のように、両足を空中に上げて寝る姿勢は、自分に自信を持っている犬によく見られるのだとか。

Licensed material used with permission by LittleThings.com

関連記事リンク(外部サイト)

食べ方でわかるあなたの性格診断。早食い派は、負けず嫌い?
誕生月で性格診断!11月生まれは・・・
さそり座の友達が、最高である「5つのワケ」【10月24日〜11月22日】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP