体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「執着があるのは、愛があるからではない」紀里谷和明氏が映画を撮り続ける、本当の理由とは?

kiriya_03 「執着があるのは、愛があるからではない」紀里谷和明氏が映画を撮り続ける、本当の理由とは?

『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が完成させた5年ぶりの新作映画『ラスト・ナイツ』が、本日11月14日(土)に公開となった。

「すべての問題の根底には“恐怖”がある」と語る紀里谷氏。死をも肯定し、達観しているように見えるが、失いたくないものはないのか。また、映画を撮り続ける理由とは?
TABI LABO代表の久志尚太郎が、前回に引き続き話を聞いた。

<<前回はこちら>>

「執着があるのは、愛があるからではない」紀里谷和明氏が映画を撮り続ける、本当の理由とは?

紀里谷 和明

1968年熊本県生まれ。83年15歳で渡米、マサチューセッツ州ケンブリッジ高校卒業後、パーソンズ大学にて環境デザインを学ぶ。94年写真家としてニューヨークを拠点に活動を開始。数々のアーティストのジャケット撮影やミュージックビデオ、CMの制作を手がける。2004年、映画『CASSHERN』で監督デビュー。2009年には映画『GOEMON』を発表。著書に小説『トラとカラスと絢子の夢』(幻冬舎)がある。2014年4月よりメルマガ「PASSENGER」発行。最新作のハリウッド映画『ラスト・ナイツ』は2015年11月14日(土)より全国公開。

公式メディア:http://passenger.co.jp/

「執着があるのは、愛があるからではない」紀里谷和明氏が映画を撮り続ける、本当の理由とは?

久志 尚太郎

TABI LABO CEO
中学卒業後、単身渡米。16歳で高校を卒業後、起業。911テロを経験し、アメリカ大陸放浪後日本に帰国。帰国後は外資系金融企業や米軍基地のITプロジェクトにエンジニアとして参画。19歳でDELL株式会社に入社後、20歳で法人営業部のトップセールスマンに。21歳から23歳までの2年間は同社を退職し、世界25カ国のクリエイティブコミュニティをまわる。復職後、25歳で最年少ビジネスマネージャーに就任。同社退職後、ソーシャルアントレプレナーとして九州宮崎県でソーシャルビジネスに従事。2013年より東京に拠点を移し、2014年2月22日にTABI LABOをロンチ。TABI LABOは月間900万以上の読者に読まれるメディアに成長。

唯一、執着があるのは両親

「執着があるのは、愛があるからではない」紀里谷和明氏が映画を撮り続ける、本当の理由とは?

久志 前回までは、紀里谷さんのストイックな面と根底にある思想に触れました。執着をすべて捨てきったように感じる紀里谷さんにとって、大切なもの、大切な人はいないのでしょうか。

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy