ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バンコクから2時間で行けるクウェー川鉄橋 / 旧日本軍が強制労働者を使い建設した泰緬鉄道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タイとミャンマーを繋ぐ重要なルートとして、旧日本軍が建設した泰緬鉄道。多くの捕虜を強制労働させ、多くの死者を出したルートでもある。現在、その一部であるタイ側のクウェー川鉄橋が観光地化しており、多くの人たちが訪れる美しい地域となっている。

・その歴史と社名が残されている
クウェー川鉄橋はミャンマー国境付近にあり、険しい山と密林、そして急激な流れを持つ川が流れている。よって、当時の工事は非常に難航し、多数の死者を出したのである。戦後は日本が賠償として橋を修復し、その担当を株式会社横河ブリッジが受けた。現在もなお、その歴史と社名が残されている。

・猫が線路で日向ぼっこ
バンコクからバスで2~3時間ほどの場所にあるため、日帰り観光もできる。現在は鉄道は走っておらず、線路や鉄橋を観光客が歩くこともできる。橋には無数に落書きがされているが、けっして真似をしてはいけない。猫が線路で日向ぼっこをしている姿を見かけることもあり、非常にのどかだ。

・美しい風景と歴史
残念ながらここからミャンマーに入ることはできないが、それでもこの美しい風景と歴史を知るために、一度はいく価値のある場所といえよう。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/11/14/thailand-burma-eisenbahn/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP