ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あずきを心ゆくまで楽しむ和スイーツ / 夫婦豆かん / 銀座 鹿乃子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夫婦豆かん
1350円

純粋な小豆をたっぷりと堪能したい。そんな気持ちになることってありますよね? そんなときは「豆かん」がオススメなのですが、お店によってテイストや「潮流」が違うもの。純粋なあずきの美味しさと、その味を盛り上げる寒天と蜜を楽しみたいなら、『銀座 鹿乃子』がオススメです。

・両方混ぜても美味
特に食べてもらいたいのが、「夫婦豆かん」(めおとまめかん)です。ふたつの違ったテイストが楽しめるもので、色も、硬さも、そして味も違うんですよ。蜜は白密と黒蜜がついてきて、お好きなほうをかけて食べます。もちろん、両方混ぜても美味。

・ボクボクッと崩れる素朴な味
最初は何もかけずに食べると、違いがわかっておもしろいですよ。ボクボクッと崩れて溢れる素朴な味が、寒天からうっすらと感じる微細な甘味(砂糖や蜜ではない素材由来の甘さ)を感じさせてくれます。

・ディープな甘さがやってきます
そして蜜をたっぷりとかけて食べれば、甘さよりも先に苦味が生まれ、そのあとを追いかけるようにディープな甘さがやってきます。ふたつのあずき、どちらが好みか、食べ比べてみてはいかがでしょうか?

・ワンランク上の甘美な世界
ときおり、セットについてくる漬物を食べると、よりいっそう甘さが強調されてワンランク上の甘美な世界にいけますよ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/11/14/mamekan-2/

銀座 鹿乃子 本店
住所: 東京都中央区銀座5-7-19
時間: 11:30~19:00
休日: 元旦
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002624/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP