ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

​15歳の天才少年が作り上げた等身大の人型ロボットがスゴすぎる!【動画】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

若干15歳にして等身大の「ヒューマノイド(人型ロボット)」を発明した天才少年が話題になっている。

https://youtu.be/jmn8rMJt7SM

ギリシャ出身のディミトリ・ ハチスくん(15)は、最年少で3Dプリンターを使用して等身大のヒューマノイドを作り上げた天才少年だ。

昔からロボット工学に興味があったというディミトリくんだが、2011年の熱血ロボ格闘映画『リアル・スティール』(ヒュー・ジャックマン主演)を観てヒューマノイドを作ることに決めたというから、15歳らしいきっかけである。

その後、フランス出身の彫刻家/デザイナー、ガエル・ランジュバン氏によるオープンソースプロジェクト「InMoov」に参加。条件は「12×12×12センチメートルの3Dプリンターで複製可能なデザイン」だったそうだが、ディミトリくんは合計1,400時間をかけてロボットの構想~検証~3Dプリント~構築まで行い、計475点のパーツを組み合わせて、ヒューマノイド「Troopy」を完成させた。

この「Troopy」は身長185センチメートルで、目や頭の動きが独立しているのが特徴。人間の動きを真似て、流暢な英語でしゃべることもできる。しかし、ディミトリくんに言わせると「まだ完成形には程遠い」らしく、「最新ロボットはすべて前作を改良したモデルだから」と付け加えている。

彼は同プロジェクト参加者6人の中で最年少だが、世界から集まったかなり年上の仲間と仕事しているそうだ。「Troopy」は、2015年のギリシャ・カヴァラで開催された工業情報科学フェスティバル「i2fest」で優勝し、2014年にもデザインと3Dプリンターによる製作において準優勝に輝いている。

https://youtu.be/3S8a180uYBM

■参照リンク
Oddity Central
www.odditycentral.com

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

キングカズ、49歳も現役継続!「間違いなく伝説のアスリート」と海外でも称賛の嵐
美しすぎる女子UFC王者ロンダ・ラウジー、伝統のボクシング誌表紙に登場したら大炎上騒ぎに
マンU・ルーニー、レスラーをぶん殴るwww 最近熱いプロレスのご当地ゲスト枠事情【動画】
ビッグフットか?1枚の写真にネット上が騒然!→かくれんぼ中のお父さんだったwww【動画】
​15歳の天才少年が作り上げた等身大の人型ロボットがスゴすぎる!【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP