ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【パリ同時テロ】友だちの安否確認ができる「Facebookの機能」。開発のきっかけは、東日本大震災だった・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年11月13日夜(日本時間14日早朝)、フランス、パリのレストランやコンサートホール、劇場など6カ所で、銃撃や爆発によるテロ事件が発生。捜査当局によると、少なくとも150人以上が犠牲になったとAFP通信が伝えている。

そんな中、ここで注目したいのはFacebookだ。現地の人々の安否確認にFacebookは、いち早く対応し、専用ページを開設していた。

その機能は、
3.11をきっかけに開発された

日本政府は、一連の襲撃事件を受けて、パリの日本大使館に現地対策本部を設置し、情報収集や安否確認にあたっている。しかし、その対応よりも早く、友だち同士で無事を確認し合う行動がSNS上では始まっていた。

先の東日本大震災時、多くの人々がSNSを通じて友だちや家族の安否を確認することができた。当時の「伝言掲示板」機能を充実させ、Facebookは2014年10月より「災害時情報センター」を導入していたのだ。

その機能は、ワンタップで災害時に友だちや家族の安否を確認できるほか、ユーザーがプロフィールに登録した所在地で災害が発生した場合、安否確認のメッセージが届いたり、無事を知らせる記事をニュースフィードに投稿できるというもの。さらに、影響を受けた地域にいる友だちを確認し、友だちの無事を知った場合、それを代わりに報告することも可能だ。

今回のパリ同時テロ専用に関しても、安否確認ページが公開されている。ページにアクセスするだけで、Facebookでつながっている友だちの無事を確認することができる。パリ在住の日本人も多く、現地からの情報が少ないなか、こうしたSNSを通じての安否確認に胸を撫で下ろしている人も多いようだ。

ユーザーからは、
こんな声も

 Reference:AFP , CNN ,  NHK
Licensed material used with permission by :  シンディ , Maeda,Rai-chan

 

関連記事リンク(外部サイト)

【速報】阿蘇山が噴火。12分後にTwitterに投稿された画像が・・・
パリで7時間、車の使用を禁止したらここまで青空になった!(画像あり)
オオカミを放った国立公園で、20年後に「すごいこと」が起こった

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP