体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【中国エリア】ICから30分以内!週末行ける紅葉名所13選

【TP校正中】【中国エリア】ICから30分以内!週末行ける紅葉名所13選

秋も深まり、紅葉シーズン本番。今年は近場にある紅葉名所で、今しか見れない紅葉絶景を楽しむのはいかが?

今回は中国地方の主要都市からアクセス楽々な、紅葉名所をあつめました。夜はライトアップ紅葉が楽しめる奥津渓や、国宝と紅葉を贅沢鑑賞できる毛利氏園庭など、幅広く紅葉名所をご紹介。

天気のよい週末は、近場の紅葉名所で秋の景色を満喫してみて♪

1.【岡山県・鏡野町】奥津渓

大自然を満喫できる紅葉。

奥津渓
普段は体感できない、静かな夜の大自然を満喫しよう

見ごろ 10月下旬~11月中旬

アクセス 中国道院庄ICより25分

臼淵や天狗岩、鮎返りの滝などの八景を誇る名勝奥津渓。その渓を望む1.5㎞ほどの間で色づき、大釣橋付近の紅葉は特におすすめ。

奥津もみじ祭り(ライトアップ)

11月15日(日)まで 日没~21時
ライトアップされた神秘的でダイナミックな渓谷の雰囲気を体感できる夜にも訪れて。 奥津渓(おくつけい)
TEL/0868-52-0711(鏡野町観光協会)
住所/岡山県苫田郡鏡野町奥津川西
営業時間/見学自由
定休日/なし
料金/無料
アクセス/中国道院庄ICより25分 
駐車場/10台(無料)
「奥津渓」の詳細はこちら

2.【岡山県・総社市】宝福寺

紅葉も寺宝も見応えあり。

宝福寺 多数のモミジとカエデ類も数本色づく

見ごろ 11月上旬~下旬

アクセス 岡山道岡山総社ICより15分

画聖雪舟ゆかりの禅寺では、約2000本もの木々が色とりどりに紅葉する。三重塔などが点在する境内はライトアップ(日程は未定)の予定も。

秋期特別方丈公開

11月21日(土)~11月23日(月・祝) 9時~17時(最終日は16時まで)
普段は非公開の方丈(居室)の公開、雪舟や宝福寺蔵の水墨画、寺宝などが展示される。 宝福寺(ほうふくじ)
TEL/0866-92-0024
住所/岡山県総社市井尻野1968
営業時間/5時~17時
定休日/なし
料金/拝観自由※11月21日~11月23日の秋期特別方丈公開のみ志納500円
アクセス/電車:JR総社駅より徒歩20分 車:岡山道岡山総社ICより15分
駐車場/100台(無料)
「宝福寺」の詳細はこちら

3.【岡山県・備前市】特別史跡旧閑谷学校

歴史を感じる空間で観賞。

特別史跡旧閑谷学校 赤と黄色の見事な紅葉を見せるカイノキ

見ごろ 11月上旬~下旬

アクセス 山陽道備前ICより15分

江戸時代創建の閑谷学校は、今年4月に日本遺産に認定された庶民教育のための公立学校。ライトアップ期間中は軽食コーナーも設けられる。 特別史跡旧閑谷学校(とくべつしせききゅうしずたにがっこう)
TEL/0869-67-1436
住所/岡山県備前市閑谷784
営業時間/9時~17時※ライトアップ開催日は19時まで
定休日/なし
料金/大人400円、65歳以上200円、小中学生100円
アクセス/山陽道備前ICより15分
駐車場/500台(無料)
「特別史跡旧閑谷学校」の詳細はこちら

4.【岡山県・岡山市】岡山後楽園

日本三名園で紅葉狩り。

岡山後楽園 様々な紅葉の競演が楽しめる

見ごろ 11月中旬~12月上旬

アクセス 山陽道岡山ICより20分

カエデ、サクラ、イチョウなどの紅葉を楽しめる。中でも、約100本のカエデがある「千入の森」や、築山「唯心山」は自慢のスポット。

秋の幻想庭園(ライトアップ)

11月20日(金)~11月29日(日)
日没~20時30分(最終受付は20時)ライトアップ期間中には、能舞台でのムーンライトステージも開催。和菓子カフェではオリジナルのお茶も楽しめる。 岡山後楽園(おかやまこうらくえん)
TEL/086-272-1148
住所/岡山県岡山市北区後楽園1-5
営業時間/8時~17時※ライトアップ開催日は20時30分まで(最終受付は20時) 
定休日/なし
料金/大人400円、小中学生と65歳以上140円
アクセス/電車:市電城下駅より徒歩10分 車:山陽道岡山ICより20分
駐車場/570台(1時間毎に100円)
「岡山後楽園」の詳細はこちら

5.【広島県・三原市】佛通寺

絵画のような美の空間へ。

佛通寺 橋にかかる鮮やかな紅葉が絵になる
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。