ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【神対応】『スター・ウォーズ』ファンに配慮してディズニーオープニングを全カット決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SF映画『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』では、オープニングで20世紀FOXのファンファーレは鳴らない。配給が20世紀FOXからディズニーに変わったからだ。しかし『スター・ウォーズ』にディズニーオープニングが表示されるのは、ファンにとって違和感があるというもの。

・ディズニーオープニングが合わないのは当然
そもそも『スター・ウォーズ』のテーマ曲は20世紀FOXのファンファーレに合わせて作曲されたものであり、ディズニーオープニングが合わないのは当然のことなのである。そんなオープニングを不安に思っている生粋の『スター・ウォーズ』ファンに朗報だ。

・ディズニーオープニングを完全カット!
『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』は、従来のファンに配慮して、ディズニーオープニングを完全カット! ルーカスフィルムのロゴが表示されたあと、本編に入る流れになるのだ!

・雰囲気をぶち壊されることはない!!
ディズニーの最高経営責任者であり、生粋の『スター・ウォーズ』マニア、ボブ・アイガー氏も「ディズニーオープニングはつけない」と発言している。雰囲気をぶち壊されることなく、『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』が楽しめるのはファンとして嬉しいところ。

・イヤフォンで20世紀FOXのファンファーレを聴く?
とはいえ20世紀FOXのファンファーレもなくなっているので、その点は悲しい。ディープなファンのなかには「本編上映に合わせてイヤフォンで20世紀FOXのファンファーレを聴く」という人もいるようだが、さすがにやりすぎかもしれない。

https://youtu.be/FgcPhuIELbg

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/11/14/star-warsthe-force-awakens/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP