ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『下町ロケット』で話題の特許 野口五郎と平野レミも保有中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、世の中は“特許ブーム”に沸いている。それは、「大会社」VS「町工場」の間で起こる、特許を巡るバトルが繰り広げられるドラマ『下町ロケット』(TBS系)のためだけではない。

 先日、ノーベル医学・生理学賞を受賞した北里大学特別栄誉教授の大村智さん(80才)も、かつて開発したワクチンで持っていた特許の一部を放棄し、無償でワクチンを配ることで10億人もの人を救っていたことが大きなニュースになった。

 また10月には、小学6年生の女の子が「アルミ缶とスチール缶を自動分別するゴミ箱」を発明して特許を取得したことが注目された。実は、芸能界を見ても、特許を持っている有名人は少なくない。

 例えば、野口五郎(59才)。2007年に野口は、ライブなどの後すぐにスマホでその映像を視聴できるアプリ「テイクアウトライブ」を発明し、特許を出願、2011年に登録された。ライブ会場でQRコードを配り、スマホで読みとるとライブを視聴できるシステムで、2013年には正式なサービス配信が開始された。

 また、料理研究家の平野レミ(68才)は、2001年に鍋の蓋で特許を出願した。あなたの家庭にもあるかもしれない、「レミパン」の蓋だ。これは取っ手部分を工夫し、調理の途中や収納時に蓋を立てられるようにした優れもの。2003年に登録されている。

 1993~1996年まで放送されていた『発明将軍ダウンタウン』(日本テレビ系)の司会進行だった、ダウンタウン松本人志(52才)は2つの発明を出願した。目覚まし時計本体と停止用スイッチを別々にした目覚まし時計と、火をつけるたびに回数をカウントしてくれるライターホルダーだ。ただしいずれも審査にはいたらなかった。

 同じく、出願だけだが話題になったのは、北野武(68才)と所ジョージ(60才)が共同で発明した、ゴルフクラブだ。ゴルフが趣味の2人らしい技術向上のコツが詰まったクラブで、当時、所は「1000本くらい売りたい!」と意気込んでいたのだ。

※女性セブン2015年11月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『下町ロケット』の鍵となる特許取得 初期費用は185000円
【日韓比較・経済編】名目GDP、国際特許出願件数、対外投資
自撮り棒 1980年代に日本メーカーが開発・特許取得していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。