ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

変形学生服「卒ラン」準備始まる 仲間の絆を刻む刺繍が人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 まだ11月だが、いまから年度末の準備は始まっている。来年3月の卒業式に向けて特別な変形学生服、通称「卒ラン」製作の注文が増え始め年度末へ向けて忙しくなる。変形学生服を着る中高生の姿はブレザー制服の学校が増えたこともあり減っているが、卒業式を特別な思い出にするための刺繍を施した「卒ラン」人気は健在だ。

 上着の丈が短い短ランや絞った裾にモモ幅が大きいボンタンなど、変形学生服を製造するメーカーが減っているなか独自生産もおこなっているプロス株式会社(岡山県)では、卒ラン繁忙期になると1日で10着もの製作に追われる。同社の担当者は「学生服も新調したうえで卒業刺繍を入れる注文が大半です。刺繍の図柄や混み具合によっては1か月ほどお待ちいただくこともあります」と早めの卒ラン準備をすすめている。

「学生服持ち込みで刺繍のみだと1~2万円から、服を新調する場合は10万円を超えることもあります。そういう場合、若い頃に変形学生服を着ていたご両親が、子どもと一緒に喜んでご購入されていますね。刺繍は『先生、3年間迷惑かけました』『親不孝許した両親に感謝』『お前らはかけがえのない宝物』など恩師や親、友人への感謝や絆を確認する言葉が人気で定番化しています。弊社の場合は文字数と大きさで刺繍の値段が決まります。白と赤の生地でつくった対色ランの人気が高く、他ではパープルが売れていますね。

 お客さまに送っていただいた実際の卒ラン着用写真を見ると、卒業式が終わってから卒ランに着替え、記念撮影をしているようです」

 変形学生服が隆盛だった1980年代に卒ランという存在を記憶している人はほとんどいないのではないだろうか。約30年前から学生服を販売している「学生服のマスコ」(埼玉県)の益子淳一さんによれば、卒業のために特別な刺繍入り学ランを用意するようになったのは2000年代のはじめごろではないかという。

「警察の取り締まりが厳しくなって刺繍入り特攻服の注文が下火になったあと、短ランとボンタンの組み合わせに刺繍を入れる『卒ラン』の注文が入るようになりました。12~1月に注文のピークを迎え、納品は2月が多いです。全国から注文を受けていますが、九州や沖縄からの注文が多いです。短ランの背中に入れる刺繍は、尾崎豊の曲の歌詞や『憂国烈士』や『天下無敵』など四文字熟語の人気が高いですね。

 注文の8割はネット経由で、来店されて打ち合わせの場合もメールでサンプル画像をやりとりして注文を確定しています。みなさん刺繍代を一番、心配されます。大きさによって刺繍の値段は変わるので、見積もりで確認してから注文できますから安心してください。それに、20年前なら50センチ大の絵柄の場合は刺繍代が職人による手仕事だったので10万円を超えましたが、今はコンピュータ入力による刺繍なので3~4万でおさまりますよ」

 変形学生服や卒ランを準備するのは、いわゆる非行少年ばかりというイメージが強いかもしれない。だが、実際には素直で犯罪とは縁遠い印象の子どもが多いと前出の益子さんはいう。

「今では親が短ランを勧めても標準学生服を選ぶ子どもが多いなか、わざわざ変形学生服を選ぶ人は、いろんな服を着たいと考えている子です。昔も、いろんな服を着たいという人が変形学生服を買っていきました。きっと、彼らは他の子たちよりもオシャレなんだと思います。昔は学校の先生も変形学生服の取り締まりに熱心でしたが、変形学生服に結び付けられた社会的イメージは必ずしも正しくないからか、最近は細かいことは言わないようです」

 記念日のために特別な服を準備し、思い出をつくって記念撮影する。スマホで撮った写真は友人と共有され、卒業の当事者以外からも「いいね」やハートマーク、スタンプなどをもらうのだろう。記念日が好きで、SNSで共感しあうのが常識となった現代だからこそ、「卒ラン」の輝きはまた増しているといえるのかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宮崎あおい 朝ドラ新ヒロイン・波瑠にお手製のハンカチ贈る
JR九州のよさこいチーム「櫻燕隊」 硬派な制服姿で人気拡大
大ヒットの軟式用“飛ぶバット” 打撃テストでも飛距離7m増

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP